人形作家 安部朱美 Blog ~ 風のささやき

人形作家 安部朱美のオフィシャルブログです。人形のこと、企画展のこと、そしてささやかな日々の出来事を気まぐれに綴っています。

Message

人形創りはいつの頃からか、自分の内面を探る作業ではないかと思うようになりました。 語り過ぎず、創り過ぎず、余白を作っておきたい。 観て下さる方、それぞれの想いを重ねてもらって人形が完成すると思うから。
          ―― 安部朱美

過去が咲いている今・・・

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

     ”過去が咲いている今 
     未来の蕾でいっぱいな今“

やすぎ懐古館一風亭での人形展も終わり、家の一部屋には人形を入れた箱が、まだ山積みの状態になっています。

来年秋に常設展示が始まる“北鎌倉古民家ミュージアム”で、今年も7月4日から27日まで「昭和の家族~きずな」展を開催するとき、旧作品も展示ということになり、どれだけの作品を何処に展示?・・・と迷っているところです。

安来では予想以上の反響を頂き、広島、岡山等からも・・・ 
そして、30日のギャラリートークの日には、赤穂市立有年考古館の方が、昨年、高梁でご覧になったそうで、わざわざ訪ねて来て下さった。

3日間(6回)のギャラリートークにも多くの方に集まっていただき質問を頂戴したり、いい出会い、交流ができました。

本当に有難うございます。 感謝申し上げます。

2014_6_6_1.jpg

2014_6_6_2.jpg


5月22日、23日、大阪での「鳥取学出前講座」の担当の方から、長いお便りを頂いた。

今回は、皆様から「泣けたわ」とか「人形展があったら観に行きたいわ」などのお声が沢山あり、苦情のご意見はゼロだったと・・・

多くの方を前にして1時間半の講演をするなんて、4年前までの私には信じられないことです。

口下手だったから人形で自己主張してきたような私でしたから、振り返れば、作り始めた時からの出会い、ご縁が不思議に繋がってきて、たくさんの方のお力添えを頂きながら、今もこうして昭和の人形を創らせていただいている意義を考えると、1時間半でも足りないくらいのドラマになった。

    “人間万事塞翁が馬”
    “過去が咲いている今 未来の蕾でいっぱいな今”

皆様に感謝です。

2014_6_6_3.jpg

2014_6_6_4.jpg

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://abeakemi.blog.fc2.com/tb.php/44-4166a7e8