人形作家 安部朱美 Blog ~ 風のささやき

人形作家 安部朱美のオフィシャルブログです。人形のこと、企画展のこと、そしてささやかな日々の出来事を気まぐれに綴っています。

Message

人形創りはいつの頃からか、自分の内面を探る作業ではないかと思うようになりました。 語り過ぎず、創り過ぎず、余白を作っておきたい。 観て下さる方、それぞれの想いを重ねてもらって人形が完成すると思うから。
          ―― 安部朱美

人形に語らせることができれば

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

私の工房から見える大山(だいせん)。
工房といっても2階にある、元・娘の部屋をそのまま使用、窓を額縁に、伯耆富士ともいわれる大山の美しい姿がドーンと見える。
それを眺めながら制作できるなんて幸せ―――の筈なのに、ほとんど見てない。
目がいっても、残像として残らない、つい、創るのに夢中、四苦八苦、あれもしなければ、これもしなければ・・・、ああ、忙しい、忙しい、たまには、ゆっくりと見る余裕を持とう。

どんなことでも発想を変え、見方を変えると感謝につながる。「ダメです」「できない」「絶対ムリ」とできるだけ言わないことにした。
自然体で受け止め、ポジティブにやっていくことで、できてしまうことが多い・・・。不思議に、たとえ、辛い、苦しいと感じる時でも、別の角度から考える習慣を持てば乗り越えられる。

支えてくれる家族、友、周りの人たち、この絆は自分の持っている以上の力を発揮できることを、私は知っている。
頑張る気持ちを支え、次の一歩が踏み出せるはず、こんなことも、人形に語らせることができれば・・・。

2013_11_11.jpg


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://abeakemi.blog.fc2.com/tb.php/20-471b35a3