fc2ブログ

人形作家 安部朱美 Blog ~ 風のささやき

人形作家 安部朱美のオフィシャルブログです。人形のこと、企画展のこと、そしてささやかな日々の出来事を気まぐれに綴っています。

Message

人形創りはいつの頃からか、自分の内面を探る作業ではないかと思うようになりました。 語り過ぎず、創り過ぎず、余白を作っておきたい。 観て下さる方、それぞれの想いを重ねてもらって人形が完成すると思うから。
           安部朱美

安城市歴史博物館で「昭和の家族」人形展

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

安城市歴史博物館で創作人形展「昭和の家族」が2月3日から3月24日まで、始まりました。
新作「平和っていつくるの」は、やっと、安城に行く1週間前に完成

20240217_1_1.jpg
「平和っていつくるの」

3日間かけて展示しましたが、いい照明も当てていただき良い展示になりました。
充分に展示の構想を練って会場に行くのですが、果たして構想通りに展示できるのだろうかと、
イメージを膨らませ入替えしてみたりと、行く迄は常に頭にちらついていました。
何処の会場の展示でもそうですが・・・
やはり変更は少ししましたが、なかなかいい展示になったとホッとしています。

初日は、ギャラリートークとサイン会を午前、午後の2回、
有難いことに初日から沢山の方にご来場いただきました。
嬉しいことです。

20240217_1.jpg

20240217_2.jpg

そして、展示の最後に新作「兄ちゃんが守ってやる」と「平和っていつくるの」を展示していますが、

20240217_3.jpg

ギャラリートークで、フィリピンのモンテンルパ博物館に常設されている
「平和への祈り~アリシアと3人の愛児たち」の写真を掲げて

20240217_4.jpg

『戦後、モンテンルパにある刑務所に収監されていた日本人戦犯 死刑囚と終身刑の105名を、
当時のキリノ大統領が、自身の妻と3人の子を日本兵に殺されたのにも関わらず、
自分の子や国民に憎悪の念を残さない為に、
「赦し難きを赦し、憎しみの連鎖を断つ」と苦渋の決断をし、特赦を出して日本に送還しました。
国民100万人以上が犠牲になっていたので、厳しい反日感情の中です。
勿論、政治的な判断があったのでしょう。
当然、次の大統領にはなれませんでしたが、数十年経って、フィリピンにとってキリノ大統領の判断は正しかったと見直されました。
他方で、今、戦闘地では憎しみと報復の連鎖が続いています。
あまりにも対照的なことでしたので紹介させていただきました。』

最終日には午前、午後の2回、ギャラリートークとサイン会をします。

スポンサーサイト