人形作家 安部朱美 Blog ~ 風のささやき

人形作家 安部朱美のオフィシャルブログです。人形のこと、企画展のこと、そしてささやかな日々の出来事を気まぐれに綴っています。

Message

人形創りはいつの頃からか、自分の内面を探る作業ではないかと思うようになりました。 語り過ぎず、創り過ぎず、余白を作っておきたい。 観て下さる方、それぞれの想いを重ねてもらって人形が完成すると思うから。
          ―― 安部朱美

干支を創りました。

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

来年の干支、午(うま)を創りました。

木質粘土を板状に伸ばし、その干支の特徴に合わせた切り込みを入れ、
筒状にして制作する、私、独自の干支です。

DSCN2423.jpg

DSCN2426.jpg

DSCN2430.jpg

DSCN2438.jpg

DSCN2413.jpg

DSCN2405.jpg


毎年、次年度の干支を考案して、12年間かかりました。
一部を紹介します。

DSCN2455.jpg

DSCN2459.jpg

DSCN2462.jpg

DSCN2466.jpg


スポンサーサイト

エンジェルスマイル

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

長男に、3人目の女児が誕生して1か月が過ぎ、先日、お宮参りをしました。
私にとっては8人目の孫です。

そのエンジェルスマイルには、見ているとこちらの顔も崩れっぱなし・・・幸せな気持ちになります。

2013_12_17.jpg

       
でも、そんな可愛いはずの我が子を虐待し、殺めてしまうという事件が後を絶ちません。
今の社会情勢を危ぶんでいる方は多いと思います。

これが昭和の人形を創っている動機なのです。
昭和を時代背景に、次々とイメージが湧き形になってきました。

この日本は、世界はいったいどこに向かって突き進んでいるのでしょう?
私達には、未来に対する責任があります。

今ある、あらゆる知恵を動員して助け合い、支え合う社会にならないものでしょうか。

命を繋いで生まれてくる子供たちの為に、地球規模での明るい、夢と希望ある
未来でありますように・・・・・。

私の心にも、ぽとりぽとり・・・

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

2011年5月に米子市美術館で人形展をご覧になった、
中村真生子さんの詩です。

    「昭和の家族」

  乳飲み子だった私を
  連れて実家に帰った母を
  5歳上の姉はひとりバスに乗って
  迎えに行ったという

  みんな忙しくて
  家にはいつも大人はおらず
  姉と私は祖母がいる山に向かって
  「おばあちゃ~ん」と叫んでいたという

  「昭和の家族」という人形展のあとで
  母や姉の思い出箱から
  眠っていた思い出がぽろりぽろり・・・
  私の思い出箱にぽとりぽとり・・・

  きっと人形展を訪れた
  それぞれの家族のあいだで
  ぽろりぽろり・・・
  ぽとりぽとり・・・

私の心にも、ぽとりぽとり・・・
こんな 皆さまのお声が制作の原動力です。

☆中村真生子さんの詩のブログ →  http://maoko.blog.ocn.ne.jp/blog/