FC2ブログ

人形作家 安部朱美 Blog ~ 風のささやき

人形作家 安部朱美のオフィシャルブログです。人形のこと、企画展のこと、そしてささやかな日々の出来事を気まぐれに綴っています。

Message

人形創りはいつの頃からか、自分の内面を探る作業ではないかと思うようになりました。 語り過ぎず、創り過ぎず、余白を作っておきたい。 観て下さる方、それぞれの想いを重ねてもらって人形が完成すると思うから。
          ―― 安部朱美

認知症で93歳の母が・・・

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

認知症で施設に入っている 93才の母を妹が米子市美術館に連れてきてくれました。
介護タクシーを利用して車椅子で来館、久しぶりに三姉妹が揃い、姪も一緒に。

20200218_1.jpg

20200218_2.jpg


母は、言葉はもう一言も出せず、目もうつろだけど、
顔を覗き上げるようにして、
「お母さん!朱美だよ」。
「ほら、私が作った人形だよ、見たことがあるでしょ」と言うと、
一瞬「ウゥー」と言って、私の顔を見て、少し微笑んだように見えた。

人形も少しは見てくれたように、見えたけど長続きしなかった。
疲れたんだろう、目を閉じてしまった。
優しい母で、人の噂話や陰口を言うことは無かった。
一生懸命働きながら、嫁姑の苦労もしてきた人生だった。
私たち三姉妹の服も、夜なべ仕事に作ってくれた。

それなのに今の私は、忙しさにかまけて、なかなか母の所に行ってやれない。
妹が本当によく面倒をみてくれて感謝している。

60年前に母が作ってくれた、壁掛けが私の仕事部屋に掛かっている。
亡くなった父の帽子と一緒に・・・。

20200218_3.jpg

スポンサーサイト



小・中学校でお話を・・・

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

この頃、中学校や小学校でお話しする機会が増えました。
子どもたちに何を話したらいいのか、分かりやすく・・・始めは戸惑ったけど私の体験を通して、

〇 思い立ったらなんでも挑戦してみること
  失敗しても大丈夫!そこから学ぶことが大事で、
  そうするうちに失敗も人生の財産になってくるからね。

〇 辛いこと、苦しいこと、悲しいこと、いろいろな困難なことが人生には誰でもあるけど、
  それを乗り越えた時、辛抱強く、優しい心が育って生きていく大きな力となっていきます。

「継続は力なり」です。こんな普通のおばさんが ‟人形作家”
として、人生が大きく変わってきた。
でも、それまでの積み重ねがあったからです。

主にそんなことを、5,6年生~中1の子たちに話していますが、
みんな真剣なまなざしで聴いてくれて、質問や感想なども言ってくれる子たちもいて、
こんな少年期に少しでも係わらせてもらうことの意義を感じています。

幼稚園で人形指導

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

6才の孫がお世話になっている幼稚園から、年長組2クラスに人形を指導して
もらえないかというお話があり、10月に行ってきました。
とにかく、苦手な子でもみんなが楽しんで形になるように、
できるだけ簡単な作り方を考えてみました。

粘土に触れたこともない子もいたり、人形を作るのはみんな初めてということで、でも、
「みんな、こんなに長い時間、よく集中して夢中になって作っていて、ビックリです。」と先生。

そして、11月30日の作品展です。
工夫して、上手に展示してありました。
こうして並べてみると、髪、帽子等、それぞれの個性が出ていて良かった。

2019_1202_1.jpg

2019_1202_2.jpg

2019_1202_3.jpg

2019_1202_4.jpg


他の作品展示を見てもいろいろと工夫してあり、改めて、幼稚園の先生方の
ご苦労のほどがよく分かりました。

鳥取県文化功労章を受賞

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

光栄なことに、令和元年度 鳥取県文化功労章を頂くことになり、
11月27日知事公邸で表彰して頂きました。

2019_12_01_1.jpg

もうお一方は、筝奏者の大西瑞香さんで同じ米子市在住、
これまで17年間の受賞者のうち二人とも女性で、両者が西部出身というのは初めてと
いうことでした。それも同じ南部町出身です。

2010年に江戸東京博物館で「昭和の家族~絆」人形展をした時に、
大西さんはその近くで教室を持っておられ、江戸博は散歩コースだったそうで、
同郷の私の人形展を観て、驚き、感動されたとお聴きして、私も嬉しかった。
この度の受賞は、これまでご支援いただいた皆さんのお陰と、心から感謝しております。


2019_12_01_2.jpg

2019_12_01_3.jpg


受賞記念巡回展があります。

 ・1月11日~19日 倉吉博物館

 ・1月25日~2月2日 鳥取県立博物館

 ・2月 8日~16日 米子市美術館

さて、それぞれの会場でどういう展示にして、何をどれだけ出すのか・・・又、暫らく悩ましいところです。

来春・小豆島で人形展

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

11月12日~13日 小豆島に行ってきました。
来春、「24の瞳映画村」で人形展をさせて頂くことになり、その下見が目的でした。

8年前に1度来たことはあったけど、「エッ!すごい」シネマ・アートウォール
といって、日本映画の銀幕を飾ったスターたちの名場面が、
入り口横の壁、全長54mによみがえり圧巻の存在感です。

シネマ・アートウォール
( シネマ・アートウォーク )

中を案内して頂き、台湾、香港、上海等海外のお客様も多いということもあって、
インスタ映えする所も多くありました。

映画村1
( 映画村1 )

映画村2
( 映画村2 )

そして、人形展会場は ギャラリーKUROGO です。

KUROGO.jpg
( KUROGO )

さて、展示台は?、どの人形を、どんな展示にしようか・・・と平面図と
にらめっこしながら、これからが悩ましいところです。

来年 3月28日~5月31日
   「昭和を綴る物語~絆」展


夕食に連れて行っていただいた 島宿「真里」 は奥まった所にありましたが、
月明りで見る外観も雰囲気があり、素敵な食事処

真 里
( 真 里 )

小豆島は400年の歴史がある醤油文化の中で、厳選された4種類の醤油が出されて、
オリーブで育った牛、魚など・・素材を活かしたお料理を美味しくいただきました。
専務理事さま、関係者の皆さま ありがとうございました。

寒霞渓
( 寒霞渓 )

小豆島大観音
( 小豆島台観音 )