fc2ブログ

人形作家 安部朱美 Blog ~ 風のささやき

人形作家 安部朱美のオフィシャルブログです。人形のこと、企画展のこと、そしてささやかな日々の出来事を気まぐれに綴っています。

Message

人形創りはいつの頃からか、自分の内面を探る作業ではないかと思うようになりました。 語り過ぎず、創り過ぎず、余白を作っておきたい。 観て下さる方、それぞれの想いを重ねてもらって人形が完成すると思うから。
           安部朱美

平林鴻三氏の訃報に接して

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

元鳥取県知事、元衆議院議員の平林鴻三氏の訃報を新聞記事で知りました。
約40年前 その頃、鳥取市に住んでいて
粘土人形を自己流で模索しながら取り組んでいました。
そして、5年目の1987年、初めての個展をした時に、
平林氏の奥さまがご覧くださり、
寝室に飾りたいからと、レリーフをお求めいただいた。

今、思えばかけ出しの未熟な作品を…
新人作家育成のお気持ちだったのかもしれない。 
数回、ご自宅でお茶もご馳走になったこともある。

1988年 米子に居住することになりご挨拶に伺うと、
実家の妹にまでお土産を頂戴した。

2020年に、鳥取県立博物館で昭和館(東京)の巡回特別企画展
「くらしにみる昭和の時代 鳥取展」が開催された時、
依頼を受け製作した「靴磨きの少年」と「千人針」も展示された。
観ていただこうと思いつき、突然の訪問にもかかわらずご自宅に伺うと、
ご夫婦でにこやかに迎えてくださいました。
約30年振りだったけど、その間の私の動向も把握していただいてたようです。

1974年に全国最年少知事(当時43歳)として初当選され、3期9年
1983年から衆議院議員を5期務められ 郵政大臣にも就任
県政、国政の発展に大きく寄与されました。
心からご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーサイト



「平和って いつ来るの」製作中

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

今年の干支「辰」25年前に作った辰です。

20240124_1.jpg

木質粘土を板状に伸ばし 切り込みを入れ、
中が空洞になる独自の作り方で考案した 干支シリーズの一つです。

20240124_2.jpg

今、また 新作「平和って いつ来るの」を製作中です。
先日、安城歴史博物館とズームミーティングする予定で、
その折に見ていただこうと、
追い込まれながら 咳をしながら(風邪が長引いて)作ったのですが、
ズームがうまく繋がらなくて結局、電話で話しました。

勿論、完成ではなく、後でゆっくり見ながら、しまった!
もっとこうすれば良かったと気になる所ばかり・・
自己満足の思い込みで作ってしまったと反省点ばかり・・・
29日に作品をトラックに積み込み、30日から展示作業です。

坂内義雄氏胸像の御祈祷式

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

11月26日、「いい風呂の日」でもあり、皆生温泉 中興の祖といわれる 坂内義雄氏の命日
皆生温泉観光(株)OUランド 坂内義雄氏 胸像の前で御祈祷式があり、参列しました。

20231128_6.jpg
( 御祈祷式 )

今の社長 坂内和孝氏のご祖父で
昭和初期、皆生海岸の浸食が進み暴風雨のたびに波浪浸食があり、
源泉や温泉設備が流出し、皆生温泉の湯元としての会社経営が行き詰まった時、
窮地にあった皆生温泉から要請を受け、私財を投じて温泉の灯を守られた方です。

京都に在住で 日本証券、京都新聞など数々の企業の社長、会長などの要職に就かれ 
多方面に顔が広く、温厚で寛容な人格者だったそうです。

20231128_7.jpg
( 坂内義雄氏胸像  )

皆生温泉観光(株)100周年に、ご依頼を受け3年前に製作しました。
湿度がある場所で、青さびの出方を心配していましたが、
まず、この程度ならいいかな・・・。

新作「兄ちゃんが守ってやる」

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

大地震や温暖化による気候変動、異常気象で自然環境が破壊され
かってない甚大な災害が、地球規模で起きています。
そして、ウクライナでの戦争は終りが見えず、イスラエルとパレスチナでも戦争激化、
世界各国で紛争、クーデターが起き難民は増え続けています。

生命、平和の尊さをテーマに表現したいと思い取り組んだ
「兄ちゃんが守ってやる」

終戦直後に原爆が落とされた長崎で、死んだ弟を背負い、歯を食いしばりながら
焼場で順番を待っている、少年の写真が発想のヒントとなりました。

20231107_1.jpg

20231107_2.jpg

製作中に加納美術館で開催された「四國五郎展」
広島県出身の画家・詩人で先の大戦で満州に出征、
終戦後ソ連の捕虜となりシベリアに抑留された。
帰国した四國を待っていたのは、変わり果てた広島の姿と弟の原爆死だった。

戦後一貫して平和のために、絵や詩を作り続けた四國さんの絵を鑑賞しているうちに、
製作中の「兄ちゃんが守ってやる」と世界観がリンクして、
何とも言えない気持ちになりました。

先進国、新興国、発展途上国、
誰も置き去りにすることのない世界にならないものか。
この地球は、私たちの運命共同体なのです。

彼岸花に想う

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

今年、9月29日 自宅から撮った大山と 満月と重なった仲秋の名月。

20231009_1.jpg

次回、満月と重なるのは 7年後の2030年らしいです。
今年の彼岸花は、酷い猛暑のせいで開花が遅れ、
あちこちの草むらに赤い群生を見るようになったのは 彼岸の中日を過ぎた頃
そして10月に入ると、少しずつ色褪せていつの間にか消えていきました。
なんと 儚い花期なのでしょう。

20231009_2.jpg

埼玉県日高市で人形展をした時に見た 巾着田の雑木林に群生する彼岸花は 美しく忘れられません。
この時期になると思い出す!

20231009_3.jpg

10月29日(日) 
境港市文化ホール(シンフォニーガーデン)で「和の玉手箱」に人形を賛助出展します。
新作、「慈 愛」「兄ちゃんが守ってやる」も出す予定です。