FC2ブログ

人形作家 安部朱美 Blog ~ 風のささやき

人形作家 安部朱美のオフィシャルブログです。人形のこと、企画展のこと、そしてささやかな日々の出来事を気まぐれに綴っています。

Message

人形創りはいつの頃からか、自分の内面を探る作業ではないかと思うようになりました。 語り過ぎず、創り過ぎず、余白を作っておきたい。 観て下さる方、それぞれの想いを重ねてもらって人形が完成すると思うから。
          ―― 安部朱美

京都・奈良へご挨拶の旅

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

今年も11月28日・29日、近況報告 ご挨拶目的で行った京都・奈良、
「参拝してよかった!」と思えた有意義な旅となりました。

まず、清水寺
この時季の京都は多くの人でごった返し、約束の時間に遅れないよう
焦ったけど11時前に到着、間に合いました。
寺務所で福岡副事務長さん、日向での懐かしい話などで西田事務長さんと歓談
そして、森清範貫主から安部の「安」と揮毫された扇子を頂戴して感激しました。

2018_12_4_1.jpg
 (森清範貫主揮毫の扇子  )

次に、宝鏡寺門跡
手紙でお知らせしていたのだけど、何と言ってもこの度の話題は、「大山開山1300年祭」
の記念式典で不思議なご縁をいただいた、春日大社宮司 花山院様の伯母様のことでした。

先々代のご門跡で、61年前に皇室ゆかりの(室町時代からの歴代天皇から贈られた)人形
を公開展示することを決められ、人形寺と称されるようになったということです。

花山院宮司様からのお電話でもお聴きしていたけど、
今迄ないことに、この1~2ヶ月間に会合や駅などでお会いになったそうです。

28日は丁度、鎌倉時代臨済宗初の尼僧如大さんの命日に当たるということで、また又ご縁が・・・
(宗教にも禅にも無知だった私が、不思議なご縁が繋がり
坐禅人形を創ったのも、如大さんのお導き?)

「来年夏に加納美術館で人形展をすることになりました」と言ったら、
「行ってみたい」「その頃なら行けるかもしれない」とおしゃった。
エー! ほんとうですか?、それなら是非ご案内します。

翌日29日は春日大社へ
花山院宮司様は、その日もご多忙の中、10時20分にとご指定下さり早めに社務所に伺うと、
巫女さんに案内され貴賓館の一部屋でお待ちした。

宮司様は門跡寺院や尼門跡のこと、その歴史やら春日大社についてもいろいろとお話しくださった。

2018_12_4_2.jpg
 (花山院宮司 様 )

「伯母様が人形展を始められなかったら、今の私はございません。一地方作家で終わって、昭和
の人形も作っていませんでした。」と言いますと、
「関西でも人形展されましたか?、テレビで見たことがありますよ」とおっしゃったので、
「京都駅美術館と大阪近鉄百貨店でもしたことがあります。」
「ああ、それでだ!印象に残る人形ですよ。」
なんと嬉しいお言葉・・・それにしても6年前のことです。

「伯母の釣燈籠もありますから案内させます。」と言ってくださった。

2018_12_4_3.jpg
 (大聖寺門跡 寄進釣燈籠 )

2018_12_4_4.jpg
 (3千基もある燈籠の一部(宇喜多秀家、直江兼続) 

2018_12_4_5.jpg
 (ご案内を頂きました )


春日大社は今年が1250年祭に当たりますが、20年毎に遷宮があり、宝庫天井から発見された
刃剣が「伯耆国安綱」作とわかり、「大山開山1300年祭に是非貸せて頂きたい。」と平井知事が
お願いに行かれて、期間中、米子美術館に展示されました。

そこで記念式典にご招待された春日大社宮司様の隣にたまたま私がいて、名刺交換する時、
数種類作っていた中から「母ちゃん読んで」(宝鏡寺公募展で大賞)の名刺をお渡しした。
そしてご縁が繋がった。

スポンサーサイト

法中の特別授業を終えて

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

11月16日で法勝寺中学校での特別授業は終わりました。
「今日で、この授業は終わりです。完成してない人は、お昼休憩に
美術室に来て作ってもいいですよ」とB先生。

美術の授業ではあまりやらないことを、自由な発想で挑戦できて、
図工の苦手な子でも楽しみながら作れる物をと、考えた取り組みでした。

液状にした粘土に、レース、タオル等の布や毛糸、木綿糸等を浸して
形を作るのですが、漠然として分かりにくかったかもしれない。

もっと簡単な物にすれば良かったと悔やんだ時もありましたが、
回数を重ねる度に、みんな楽しそうにやっている。

それぞれのやり方で違う物に取り組んでいる、中には独創的な作品も、
これこそ自由な発想で・・・みんなすごい!

やっと面白くなってきて、時間さえあればもっと変化して完成度も
上がるだろうけど、限られた授業時間です。

そこが私の認識不足、反省点もたくさんありました。

最初の実演で、もっと分かりやすく、伝わりやすく、すればよかった。

個々に廻って指導するときも、子供たちに「どうしようと思ってるの?」と尋ね、
やらされ感ではなく、その子の意志を尊重して、と思っていたんだけど

何しろ短時間、全員に声をかけたつもりでも、
もしかして、1回も声かけしなかった子がいたかもしれない。

家に帰ってからも「こうしたらと言ったけど・・・あの子は違うことを考えていたのかも・・・」
「あそこは、もっと丁寧に教えてあげれば良かった」
「ほんの少し手を加えると見栄えは良くなるんだけど」

もう一歩踏み込んで指導できれば・・・、と反省ばかり・・・。

そして、始めから液状にした粘土に色付けしておくと後の仕上げが楽なんだけど、
諸事情で、できなかったことは残念です。

でも、0から考えて形にすることの難しさに挑戦してくれた 2年A組B組のこどもたち、
ほかの人たちが見て「なに、コレ!」と言われても、私は知ってるよ、

一生懸命に考え、取り組んでいたこと、他の人のマネではなく
たとえ、思っていたようにできなくても、その考える過程が大事だと思います。

また、いつか、周りにある物を目にして「コレと粘土を組み合わせたらどうなるだろう?」
「アレを使ってみたら良かったな」などと、考えてもらえたら嬉しいな・・・。

そういうことが、そのうち、違う視点、違う角度から物事を見れるように繋がっていけば・・・。

12月にもう1回、A組B組合同で、みんなに最後のお話をする機会があるそうです。

みんなと出会えてよかった!

2018_11_22_1.jpg

2018_11_22_2.jpg

2018_11_22_3.jpg

(写真: 生徒の出来上がった作品の一部です  )

母校の法中でゲストティーチャー

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

私の母校、法勝寺中学校でこの10月、ゲストティーチャーとして
2年生2クラスに何かを指導することになりました。

液状にした粘土に、不要になった布、ニット、ひも、糸、枝などを
利用して形を作り、それに花、鳥、動物、人形などを付けてもらう
というものでした。

~自由な発想で図工が苦手な子でも楽しみながら
何かを作り、達成感を感じてもらう~いろいろ
工夫してみる~発想力につながる~


まずは「こんな事もできるよ」という見本を作りました。
2~3ケのつもりが、アレを使ってこんなこともできる、あんなことも
やってみようと次々と浮かんできて、

2018_10_25_1.jpg

2018_10_25_2.jpg

2018_10_25_3.jpg

2018_10_25_4.jpg

2018_10_25_5.jpg

2018_10_25_7.jpg

美術のB先生とも打ち合わせができ、いよいよ始まりました。

初回は話と実演、B先生から、何を使ってどういう物を作りたいか、
用紙に書いてくるよう宿題が出ました。

大まかにでも作りたい物のイメージができないと、何をしていいか、
戸惑って無駄な時間を過ごしてしまうと・・・なるほど!そうですよね。

そして2回、3回と授業を進めていくうちに、私の考えが甘かったことに気付きました。

美術は教室移動があり45分授業のうち後片付けやら・・製作時間は正味20分~30分。
内容が分からないと自由な発想なんてできません。
ドロドロ状態になった布をどう取り扱うか、それが乾くと固くなる。

用意したいろいろな布などから選んで、
やっと作りかけたと思ったら、もう片付けの時間です。

その都度、気付いたこと、上手くできるコツ等を小物を使って
説明したつもりでいても、何しろ1クラス30人に伝えると
いうことは難しい。みんな始めて取り組むことです。

私の認識不足でした。
ヒントは多い方がと、アレもコレも広げ過ぎました。
もっと絞って簡単に作れる物にすれば良かったのかもしれない。

幸い11月に仕上げるつもりでいたフィリピンのキリノ財団に
お渡しする人形が2月に伸びたことで、学校に行ける回数が増
えたのですが、11月文化祭にはとても間に合いません。

中には「ヘェー、そんなこと考えたの」と感心するアイディアの子供たちもいます。
迷った挙句、やっと取り掛かれた子もいます。

それぞれのペースでみんな一生懸命取り組んでいるのですが、
何しろ限られた美術の時間数の中では制限があります。
やっと、おもしろ味が出てきた頃には打ち止めとなります。

B先生にとっても初めてのことです。
大変ご迷惑おかけしたと思いますが、いろいろとフォローして頂き、
学ばさせていただくことが多かったです。

何といっても私の力不足、指導力不足、至らなさを痛感しています。
何とか、最後まで責任を持ちたいと思っています。


〇10月26日(金)~28日(日)
  地域応援フェスタ“テゴネット”
  米子天満屋 バンケットルーム(4階)
  作品6テーマ 出展

〇10月27日(土)~28日(日)
  大山町総合文化祭(名和農業者トレーニングセンター)
  御幸(神輿行幸)人形展示
  ギャラリートーク 28日(日)11:00~11:30

やはり「決めたら風が吹いてきた」

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

以前 ブログに書いた“決めたら風が吹いてくる”・・・この度も本当にそうでした。
「大山の御幸行列作ります」口に出すたびプレッシャーは大きくのしかかってきた。

絶対創り上げなければ・・・いい加減なことはできない・・・。
これはどうなっているんだろう?、何を使ってどう表現すればいいのか・・・等など。

迷っている時、困っている時、風が吹いてきました。
大きなヒントを頂いたり、助け船もありました。

のぼりや僧衣に使う布を、それぞれに探したり、わざわざ買ってきて下さった方たち。

房の紐の結び方“総角(あげまき)むすび”を調べ教えてくださったり
「そんな小さな傘はとても無理」と言われた、差し掛け傘を無理を通して
作って下さった 淀江傘の山本さん。

2018_9_10_1.jpg

2018_9_10_2.jpg

2018_9_10_3.jpg


皆さんに助けていただいて完成しました。
ありがとうございました。心から感謝です。

完成後、声が出なくなり、身体中がだるく 式典後に寝込んでしまったけど・・・。
それだけ根を詰めやっただけのことはありました。

秋篠宮 眞子さま ご臨席の会場でお話しさせていただき、
6年前、日本橋三越で人形展「昭和の家族~きずな」をご高覧頂いたことが分かりました。

レセプション会場の同じテーブルで隣にいらした方、春日大社(奈良)の宮司さんとお話ししているうちに
「宝鏡寺(京都)の門跡を叔母がしていた時に、人形展を始めたんですよ。」と 宮司さま・・・。

エッー!!、こんなんことってあるんですね
私の大きな転機となったのが、その宝鏡寺人形展50周年記念の人形公募展で、
約1000点のなか、大賞を頂いたことからだった。

61年前に、その皇室ゆかりの人形を公開展示されるようになったご門跡が
宮司のおば様だったとは、これ 又 何というご縁でしょうか。

普通ならお目にかかることもできないお方なのに、翌日の記念式典でもバッタリお会いして、
~もしお会い出来たら~ と持参していた作品集をお渡しできました。

御幸行列~先導役完成

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

ずっと取り組んでいた大山開山1300年祭 御幸行列の前半部分がやっと完成―
というより、何とか仕上げて県西部総合事務所まで持っていきました。

2018_7_4_1.jpg

2018_7_4_2.jpg

「6月中には完成させます!」と言ってたのに、今日 7月2日。

御輿の前を歩く幟を持った人、先導役の猿田彦、
法灯を持つ人等、6体を40×45センチの板に石畳を作り載せた。

それぞれの衣装、烏帽子、持ち物小道具はどうなっているのか?
本物はこちらに無く、京都で保管してあるとか
頼りにするのは写真だけ・・・。

2018_7_4_3.jpg

2018_7_4_4.jpg

また、この度も直前までかかって仕上げた。
「いつものことだ。」と家族に言われる。

本当にそうなんだけど、
ずっと 毎日 時間のある限り夢中で取り組んでいても、そうなってしまう。
どんなに時間があっても、きりがない。

ついつい拘わってしまう、物には全くこだわりがないけど
そんなに拘わって作るのに、出来上がり置いてみると
また、目に付く箇所ができ直したくなる。

神経を集中し 目を凝らして創る
その根気 集中力はどこから? 自分でも呆れてしまう。

そして、今度は後半部分です。
ご住職、傘を差しかける人、稚児行列、僧兵をやはり40センチの板に載せて、
8月4日の大山歴史博物館リニューアルオープンに間に合うようにと・・・。

現在は、県西部総合事務所で見れます。
設置してから内心「しまった!もっとこうすれば良かった。」
という箇所も目についています。(いつものことながら・・・)
後日、機会があれば手直ししたい。