人形作家 安部朱美 Blog ~ 風のささやき

人形作家 安部朱美のオフィシャルブログです。人形のこと、企画展のこと、そしてささやかな日々の出来事を気まぐれに綴っています。

Message

人形創りはいつの頃からか、自分の内面を探る作業ではないかと思うようになりました。 語り過ぎず、創り過ぎず、余白を作っておきたい。 観て下さる方、それぞれの想いを重ねてもらって人形が完成すると思うから。
          ―― 安部朱美

素敵なお客さま

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

近くに米子高校があり、姉妹校の提携をしているアメリカのカンザス州
セント・トーマス・アクワイナス高校の先生が、
隔年で生徒を引率して米子にやってこられるそうです。

2~3週間の滞在中、生徒はホストの生徒宅に、
引率の先生は職員宅に泊まられるそうで・・・。

近くに人形を作っている者がいるということで、
引率の先生をお連れしたいと以前から伺っていた。

当日、ありのままを見ていただければと思いながらも普段より念入りに掃除をし、
あの花をここに、あそこにはこの花をとか、
お茶は何をお出ししよう?、茶菓子は?・・・といらっしゃるまでソワソワ・・・。

元校長先生と4名が来られた。
アメリカからの先生は、フランクで 笑顔が素敵な女性。

3.jpg

あっという間に時間は過ぎてお帰りになった。
先生は退職を迎えられ、今回が最後の米子訪問だったそうです。

後日、とても喜んでくださったとお聞きした。
折角、いらしたのにもっといろいろお話すれば良かった。
勿論英語が苦手な私は通訳していただいてだけど・・・。

スポンサーサイト

大山寺御幸行幸

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

5月16日大山町大山寺の観光施設「KOMOREBITO」で、

 大山寺圓流院大舘住職
 大山町観光商工課長
 大山観光局代表理事
 鳥取県西部総合事務所長

のご列席をいただき、お披露目式をしていただきました。

2018_5_19_1.jpg

2018_5_19_2.jpg

大山寺御幸は平安時代から始まり、5基の御輿が、江戸時代には7基の御輿が出たと・・・。
1938年を最後に一時途絶えたが、1987年に地元住民が中心となり
復活させた経緯があります。

95×45センチの板に石畳の参道、その上に28センチの担ぎ手を
22体作ったのですが、御輿にも苦労しました。

ご本尊、鳳凰、細部の飾りなど・・・。
この度もまた、ギリギリまでかかってやっと仕上げ、翌日はヘトヘトで虚脱状態・・・。

この後、先導役の猿田彦や稚児、僧兵など追加で作ります。

2018_5_19_3.jpg

2018_5_19_4.jpg

ご神体を拝観できた

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

制作に追われて ブログ更新できなかったけど、4月始めに大山寺に行って来ました。

写真を見ながら神輿とご神体を作りかけていたんだけど・・・。
さて、ご神体の左手は何を持っていらっしゃるのか?、右手は?、
神輿の飾りは?、鳳凰は?、と細かい所が分からない・・・。

大山寺の大舘住職に電話をしたら「見せてあげますよ」、
何と、なんと、ご神体を拝観させて頂けることになりました。

2018_5_2_5.jpg

ちょうど、中海テレビの取材を受けることになっていたので、
大山寺にも同行させてほしいということに・・・。

本堂にご案内いただき拝観、左手には宝珠、右手に数珠をお持ちだった。

神輿は、ずっと離れた豪円山にある体育館に保管してあった。
昨年12月、大舘住職からお話だけは伺っていましたが、実物を見るのは初めてで、
大山観光局の代表理事 足立さんが案内してくださった。

2018_5_2_6.jpg

2018_5_2_7.jpg


ほぼ、形は作っていたけど、「ああ、違う・・・」やっぱり写真からでは限界がある・・・。

さあ、またプレッシャー・・・。

美保神社"青柴垣神事”(松江市)

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

今、人形展「温もり」をさせて頂いている美保関の最も重要な
御祭りの一つ"青柴垣神事”を人形で創ってもらえないかとのご依頼があり、
4月7日の当日行ってきました。

美保神社は、えびす様(事代主神)の総本宮で、
"青柴垣神事”とは、父である大国主神から国譲りの相談を受けた事代主神が
争いを避け、譲ることを進言した後、海に身を隠したという様を儀礼化し、
お力を一年に一度新たにする祭なんだそうです。

それにしても、小雨は降るし、寒くて寒くて大変でした。
14時から行列が参道を通り、御船に乗られるということで多くの人と
参道脇で今かいまかと待っていましたが、一向に姿が見えません。

二日ほど前までは23度位あったのに、この日は何と7~8度に激変、
少し日が差しかけたと思うや又雨が降る・・・
結局、通られたのは3時半頃に、そして、沖に出た御船が灘に着き、今度は社殿にお帰りの行列を、
ご依頼があった人形で形にするということらしいのですが、
兎にかく天候が悪く、衣装、仕ぐさ等を目を凝らして見ていたつもりだったけど、
正直言ってあまりよく分かりませんでした。

この役に当たった方たちは、一年間一日も欠かさず厳しい禊をされ、
その他、多くのしきたりを守り日々修業をしながら神事奉仕のための準備をするのだそうです。

寒いのに待てど暮らせど参道を降りてこられない、どうして?と思った私はバチ当たり・・・。

その間、朝の7時から、いや1週間も前から一連の儀式が執り行われていたと知り、
人に見せるお祭りではなく、この土地に連綿と続いてきた神事なのだと
改めて身が引き締まる想いでした。

だからこその大きなパワースポットなんだという、この美保関の土地柄、
ここで人形展をさせて頂いたというご縁に、心から感謝!

2018_4_11_1.jpg

2018_4_11_2.jpg

2018_4_11_3.jpg

2018_4_11_4.jpg

2018_4_11_5.jpg


今は、大山開山1300年祭の「御幸行列」に取り組み、精一杯ですが、
古事記とか青柴垣神事に関する学びもやっていこうと思っています。

決める! ということ

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

中国地方最高峰 大山は古くから山岳信仰、人々の信仰の対象で、
大山寺が開創されてから1300年、今年「大山開山1300年祭」
に因み、神輿行列に今取り組んでいます。

ひょんなことから創ることになり、各方面から資料、
写真等をいただいたり、大舘ご住職にお話を伺ったり・・・。

そして、先日の美保館での講演でも
「今、神輿行列に取り組んでいます。」と、言ってしまった。
そして、「皆さんの前で口に出してしまったことで、
自分の首を絞めるようなものですけど・・・」とも・・・。

2018_3_9_1.jpg

2018_3_9_2.jpg

2018_3_9_3.jpg

以前は、無限実行をモットーにしていた。
プレッシャーに弱く、押しつぶされそうだった。

なるべく無難にと過ごしていたように思う。

いつから変わってきたのでしょう・・・。
プレッシャーを力に変えることができるようになった。
口に出す度にますますプレッシャーは重くのしかかる
でも、それによって助け船も出現する。


ある方に聴いた言葉が胸に響く。

決めれば 風が吹く
どこから吹くかはわからんが
風は必ず吹いてくる
だけど まよっていたら 吹かんぞ

大変なことだけど、言葉に出して言うということはやるしかない。
逃げ場はないと自分で覚悟をするということ、
決める!ことなんだと思うようになりました。

今まで以上に重複してやるべき事も多くなり、時間に追われている・・・。
大変だから、○○だからと言い訳しない。

完成させます!5月までに
ああ、言い切ってしまった。