FC2ブログ

人形作家 安部朱美 Blog ~ 風のささやき

人形作家 安部朱美のオフィシャルブログです。人形のこと、企画展のこと、そしてささやかな日々の出来事を気まぐれに綴っています。

Message

人形創りはいつの頃からか、自分の内面を探る作業ではないかと思うようになりました。 語り過ぎず、創り過ぎず、余白を作っておきたい。 観て下さる方、それぞれの想いを重ねてもらって人形が完成すると思うから。
          ―― 安部朱美

古代出雲歴史博物館に「女性三代機の音」展示

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

出雲大社の隣 古代出雲歴史博物館に「女性三代機の音」を展示に行って来ました。
7月10日(金)から9月6日(日)まで、企画展「大地に生きる~しまねの災と幸」
が開催されます。

20200707_1.jpg

島根の長い歴史の中で、三瓶山の噴火から始まり、地震、津波、水害等の災害、
開発、信仰、綿作をキーワードに、厳しさと優しさの両面を持つ自然に、
島根の大地に生きる人々がどのように向き合ってきたか、
その実像に迫る企画展で、
第4章ー木綿繁盛記のコーナーに「女性三代機の音」の人形をお貸しすることになりました。

20200707_2.jpg

山陰では上質のたたら製鉄ができて、その鉄穴流しによって大量の砂が流れ込み、
下流にできた水はけ良く、日当たりのよい砂地に江戸時代から綿が栽培され、
木綿が特産品となり、越後屋(三井)との商売が始まり繁盛した。
「女性三代機の音」を制作した時に、鉄穴流しによって弓浜半島に上質の綿作りが
盛んだったことは知っていたけど、
出雲だけでは綿が足りなくて、弓浜からも多く買い付けたそうだ。

20200707_3.jpg

20200707_4.jpg

人形を創ることによって、それまで全く興味もなく無知だった分野のことが少しでも分かり、
関心が持てるようになったことは嬉しいことで、
何よりも、こういう形で人形がお役にたてば、本望です。

スポンサーサイト



小豆島映画村で人形搬出作業

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

小豆島の映画村に人形搬出作業に行ってきました。

展示をするときは、その会場によって どう展示するか悩み、迷い、
随分時間も日数もかかるんだけど、片付けは早いのです。

企画展「昭和を綴る物語~絆~」として、3月28日から5月31日まで展示の筈でしたが、
新型コロナウィルス感染拡大の影響で4月16日から休村となり、
19日間しか観て頂けなかったけど、
感想ノートにも嬉しいコメントがたくさん書いてあり、
「是非見に行きたい」とか「いつ、開けるのか?」とか
電話があったり、ホームページにコメントが寄せられたり、
反響が結構あったとお聴きして、それだけでも展示させて頂いたかいがあった。

映画村のスタッフの方々にも良くしていただき、本当にお世話になりました。

小豆島にはコロナウィルス感染は無いけど、観光の島です。
ホテルも例外なく休業中でしたが、映画村から手配して下さった、
この度の宿泊は個人経営で高台にあるホテルで、眺望が素晴らしく、
オリーブ公園が下にあり、湾の向こう、遠方に映画村も見える。
食事も美味しかった。

20200605_1.jpg

翌日、トラックに人形の箱を積み込む手伝いをしてくださった、映画村のスタッフの方たちと
最後に‟ギャラリー・クロゴ”の前で記念撮影、それまでしていたマスクを一瞬、取って・・・
皆さん 有難うございました。感謝です。

20200605_2.jpg

二十四の瞳映画村は、今月19日から再開ということです。
地球規模で各方面に甚大な被害をもたらしている、この新型コロナ禍が早く終息して、
映画村にも以前のような賑わいが戻りますように・・・
いつか「人形展の仕切り直しを」と言って下さった専務理事。

実現して、多くの人に観て頂けたら嬉しいです・・・。

瀬戸内海小豆島 二十四の瞳映画村で人形展

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

瀬戸内海小豆島 二十四の瞳映画村で人形展「昭和を綴る物語~絆~」が始まりました。
3月28日から5月31日までです。

20200330_1.jpg
( 壷井栄文学館 )

20200330_2.jpg
( 木造校舎 )

20200330_3.jpg
( 松竹座映画館 )

25日から3日間かけて展示をしたのですが、どこの会場でもそこの形状に合わせて、
何を使ってどう展示するのか、前もって図面に書きながら、いろいろと悩むのですが、
映画村の濵本さんが3日間ずっと一緒にいて、小机とか、高さ調節の小物等を準備してくださった。

メイン会場はギャラリーKUROGOで約40テーマ、その他に松竹座映画館、壷井栄文学館、
チリリン屋、キネマの庵、からかさ亭、木造校舎の6会場にも展示して、映画村を巡りながら見て頂くことにした。

20200330_4.jpg

20200330_5.jpg

20200330_6.jpg

20200330_7.jpg

20200330_8.jpg
( KUROGO メイン会場 )

20200330_9.jpg
( キネマの庵 )

20200330_10.jpg
( チリリン屋 )

20200330_11.jpg
( 村内各所に展示・・巡ってみてね )

海水を引いた小川が流れ、ヒトデ、ナマコ、マダイ、イシダイ等が泳いでいる。
その近くで、こいのぼりが青空に映え、一面に咲いた菜の花の黄色がきれいだった。

20200330_12.jpg
( こいのぼり、菜の花 )

20200330_13.jpg
( マダイも歓迎 ) 

全部で62テーマ、240体 なかなか面白い展示となりました。
中学生の頃に、木下恵介監督「二十四の瞳」の映画撮影現場をご覧になっていたという
小豆島ご出身で 鳥取県元教育長 田淵さんからのご縁で、この度の人形展に繋がりました。

※初日にKSB瀬戸内海放送の取材をうけました。


鳥取県文化功労賞受賞記念祝賀会

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

2月16日、大変有難いことに鳥取県文化功労賞受賞記念祝賀会を
ANAクラウンプラザホテルでしていただきました。
錚々たる方々12名が発起人となっていただき、150名の方がご出席くださいました。

20200228_1.jpg

皆さんがお揃いの中、大西瑞香さん(音楽)と二人で入場、
平井知事をはじめ、ご来賓の御祝辞をステージ上に設えた席で
拝聴するという演出で緊張しました。

20200228_2.jpg

山陰歴史館から「大山御幸~御こし行列」の人形と、16日まで米子市美術館に展示していた
「平和への願い~赦し難きを赦す」(加納美術館蔵)もホテルに持ってきて頂いて、
ご披露するということに・・・。

20200228_3.jpg

20200228_4.jpg


記念スピーチでは、加納佳世子名誉館長に、
モンテンルパ博物館(フィリピン)に常設されるようになった、いきさつ等を話して頂きました。

20200228_5.jpg

戦後、フィリピンに収容されていた日本人戦犯105名を、妻子を殺されたにも関わらず特赦を
出して、日本に帰すという苦渋の決断をした、当時のキリノ大統領と除名嘆願活動をした
加納莞蕾さんのことを、御存知ない方が大多数だっただけに、
「赦し難きを赦し、憎しみを愛に変える」これからの子どもたちのために、
少しでも知って頂けて良かったと思います。

祝宴の間に、各テーブルを回ってお礼の挨拶をするつもりだったのに、半分も回り切れず、
皆さんと写真を撮っているうちに、
お帰りになる方に出口でご挨拶するつもりも、中途半端になってしまった。
大変申し訳なく心残りです。

ご出席くださった方々、企画してくださった米子市文化財団の方々に心からお礼申し上げます。

鳥取県文化功労賞受賞記念展(米子市美術館)

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

2月8日から鳥取県文化功労賞巡回記念展が米子市美術館で始まりました。2月16日まで

20200211_1.jpg

20200211_2.jpg


20200211_3.jpg
( 米子市美術館 )

2月2日鳥取展の最終日に鳥取博物館で1時間半の記念講演が終わった後、
次々と懐かしい方、思いがけない方々が、お声をかけて下さいました。

20200211_4.jpg
( 鳥取県立博物館 )

36年前に久松小学校の養護教諭 田村先生からご依頼を受けて、性教育用の「あかちゃん」
を制作、それがきっかけで、今も和紙を使い続けていますが、久しぶりにお会いできました。

3月28日から小豆島「24の瞳映画村」で人形展をすることになっていますが、
小豆島が故郷ということでお声をかけて頂き、そのきっかけとなった
元鳥取県教育長の田淵さんとも、始めてお会いできました。
ご縁は繋がる・・・です。

2月3日に鳥取展の搬出作業、
そして、4日、5日と成実小学校、尚徳小学校で話をさせて頂きました。
6日、7日は米子市美術館で搬入展示作業、
8日には皆生扶蓉別館「大山悟道場・新年総会」の席で30分程講演、
その後「県文化功労賞受賞をお祝いする会」として花束も頂戴しました。

20200211_5.jpg

20200211_6.jpg

20200211_7.jpg

目まぐるしい日々でしたけど、かかわって下さった方々の温かい
励ましのお言葉、お気持ちに心から感謝です。