fc2ブログ

人形作家 安部朱美 Blog ~ 風のささやき

人形作家 安部朱美のオフィシャルブログです。人形のこと、企画展のこと、そしてささやかな日々の出来事を気まぐれに綴っています。

Message

人形創りはいつの頃からか、自分の内面を探る作業ではないかと思うようになりました。 語り過ぎず、創り過ぎず、余白を作っておきたい。 観て下さる方、それぞれの想いを重ねてもらって人形が完成すると思うから。
           安部朱美

きっかけは ブログのメッセージから

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

千葉県在住の86歳 元大手の商社マンだった方から、9月上旬、一通の手紙が届いた。

  様々な原因で人が追い詰められたとき、
  その緊張をほぐす役のできるオモチャ、人形を探していた。
  自分は貿易屋なので、世界中を探せばなんとか集められるだろうと動いたけど、
  希望通りの物を得るのは不可能だった。
  創作人形の世界もいろいろと探したけど期待外れ。


そんなある日、インターネット上で 安部朱美のブログと出会い、
驚いて作品集を取り寄せられ、ブログ上にメールをいただいた。
昭和館などにも人形を見に行って下さったそうで・・・

  そして、コロナが一段落したら 人形たちにゆっくり合いに行きます。
  米子の海も見たい、私はとにかく海が好きです。


そういう形で、私の人形に目を止めて下さったことは嬉しかった。

その一ヶ月後、電話があり米子にお二人がいらっしゃった。
お一方は鎌倉在住で島根県出身、元大手ゼネコン勤務だった方
人形が常設されてる山陰歴史館、皆生OUランド、米子市観光センター、
キナルなんぶ にご案内し、我家に来ていただいた。

車中や食事の時、駐在されていた中国や北朝鮮のお話などを、大変興味深くお聴きした。

20221026_1.jpg
( キナルなんぶ(南部町) )

20221026_2.jpg
( 加納美術館(安来市) )

20221026_3.jpg
( 皆生OUランド(米子市) )

20221026_4.jpg
( 米子観光センター(米子市) )

「今年元旦にNHKの番組で、米子城跡は《絶景最強の城》に選ばれたんですよ」と何気なく言ったら、

「妻方に"荒尾”という親戚がありますよ」と島根県出身の方、
エッー! そういえば 米子城主で荒尾姓は聴いたことがある…

後日、米子城主のことを確かめようと
「米子の歴史」「鳥取藩池田家の殿様」などの本に目を通していくうちに

 ~目からうろこ(鱗)~

荒尾氏をきっかけにして急に視野が開け、今まで知らなかった身近な歴史が、実態が、
分かってきたような気がする。
岡山から鳥取へ
お国替えとなった池田光仲公(3才)の筆頭家老 荒尾氏が藩政の中心となり切盛りした。
そして米子城主を預かった。

そういえば、池田光仲公が始めたといわれる「麒麟獅子舞」を30年前に作ったことがある…

わざわざ米子に来られ、はじめてお会いしたお二人のお陰で 
72才にして また又 新鮮な学びをさせて頂いた。

スポンサーサイト



安部朱美創作人形・淀江傘コラボ展「温もりの日々」が終了

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

安部朱美創作人形・淀江傘コラボ展「温もりの日々」が終了し
人形は我が家に帰り、2部屋を占領しています。

観光センターに展示するときは、一週間かかったのに片付けは2日で終了しました。

20201209_1.jpg




20201209_2.jpg

特に、ギャラリートークはコロナ過でこの度は設けなかったので、
「安部さんは、いつ来られますか?。おられないんですか?。」と
お客さまから聞かれることがよくあったらしい。

時々、会場に行って、入場された方に説明させて頂いたのですが・・・

「今まで、あちこちの会場で見せてもらっています。」
「安来にも行ったし、美保館(美保関町)にも、どこでも見に行ってますよ。」
そんな声をよく聞きました。嬉しい限りです。

20201209_3.jpg

最終日には「この前に皆生に泊まった時、人形展のチラシをもらったけど他の予定があって
見ないで帰ってしまった。でも気になって来ました、作者とお会いできて良かった。」
と岡山の方が来て下さった。

そういったお声を聴くと、やって良かった、作者冥利につきます。

昭和館巡回特別企画展が始まります

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

10月17日、人形・淀江傘コラボ展「温もりの日々」の会場、
米子市観光センター前で淀江傘のライトアップがありました。

17時から19時まで、足湯を楽しみながら見ている人もあり、
記念写真を撮ったり、辺りは幻想的な雰囲気に包まれました。

20201023_1.jpg

ライトアップは10月28日と11月14日にも行われる予定です。
この作品展は、安来市加納美術館の神元館長に演出、照明をして頂きました。
「これまで、どこの会場でも見せてもらったけど同じ人形でも又、違う印象で見れて
良かったですよ、ありがとう」と言って下さる方もいて、私こそ有難うございます。
心から感謝です!

20201023_2.jpg

20201023_3.jpg

20201023_4.jpg

20201023_6.jpg


昭和館(厚労省委託)の巡回特別企画展「くらしにみる昭和の時代・鳥取展」
が10月24日から鳥取県立博物館で始まります。11月3日まで。

20201023_5.jpg

20201023_7.jpg

20201023_8.jpg


昭和館は、毎年2県で巡回特別企画展をされていて、
今年は10月2日~10月11日岩手県盛岡市が終わり、38県目に鳥取展です。
昭和館からのご依頼で制作した「千人針」と「靴磨きの少年」も展示され、
終了後は昭和館に常設されます。

安部朱美創作人形・淀江傘コラボ展 ~ 「温もりの日々」

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback


皆生温泉開発100周年記念展≪安部朱美創作人形・淀江傘コラボ展「温もりの日々」≫
が米子市観光センターで始まりました。

20201007_1.jpg

新作《皆生を守る薬師さま、薬師さまを守る皆生の人々》
3ケ月かけてやっと完成、翌日から会場設営、布張り、展示・・・1週間かかりました。
毎日がクタクタ、疲れているのに熟睡できず、展示した会場の様子が走馬灯のように浮かび、
リフレインしてこれで良かったんだろうか?

“隣にアレを持ってきてきたら・・・” 夢の中で自問自答の繰り返し、
結果的に淀江傘さんともうまくマッチして、いいコラボになりました。

20201007_2.jpg

20201007_3.jpg

20201007_4.jpg

20201007_5.jpg

前回のブログから約2ケ月、いつの間にかすっかり秋になっていました。
例年だったら、9月末には姿を消す彼岸花は今が盛り、田んぼの稲も刈り取られ、
日射し、風、虫の音、金木犀の香り・・・やっと秋を実感できました。

夢中で取り組んでいた新作《皆生を守る薬師さま、薬師さまを守る皆生の人々》を創りながら、
何もない皆生に、遠大な構想で温泉開発、鉄道、道路など交通網の整備をし、
温泉街を作ってきた先人、
暴風雨波浪で、海岸侵蝕され、温泉タンクや旅館が流されたり、昭和初年の大不況や
戦中戦後の大混乱期など、温泉存亡の危機を切り抜けてきた先人たちのオマージュを込めて、
その歴史を見守ってきた薬師さま・・・。

20201007_6.jpg

20201007_7.jpg

ということで、70×100cmの板を砂地にして薬師堂と11体を乗せました。
大変だったけど、精根つき果ててクタクタだったけど、
いい展示ができて、喜んでいただいてホッとしています。

安部朱美創作人形・淀江傘コラボ展「温もりの日々」チラシデータ