人形作家 安部朱美 Blog ~ 風のささやき

人形作家 安部朱美のオフィシャルブログです。人形のこと、企画展のこと、そしてささやかな日々の出来事を気まぐれに綴っています。

Message

人形創りはいつの頃からか、自分の内面を探る作業ではないかと思うようになりました。 語り過ぎず、創り過ぎず、余白を作っておきたい。 観て下さる方、それぞれの想いを重ねてもらって人形が完成すると思うから。
          ―― 安部朱美

宝鏡寺門跡に展示

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

今年も京都に行ってきました。

10月30日、31日、目的は宝鏡寺、清水寺、PHP研究所。

宝鏡寺門跡
2007年、皇室ゆかりの人形展50周年記念公募展で「母ちゃん読んで」が
大賞となったことが、大きな人生のターニングポイントとなりました。

あれから10年・・・。

今年が60周年という訳で、御所からの人形等と一緒に私の人形も展示という
ことになり、「母ちゃん読んで」「新しい家族誕生」「きざし」が
< 秋の人形展60周年 > 11月1日~30日まで、展示中です。
2017_11_4_1.jpg

2017_11_4_2.jpg

清水寺
10月に 森貫主が私の故郷 南部町にいらっしゃいました。
南部町の小中校生や町民から、町の未来を感じる漢字を募集して、
二文字を揮毫して頂き、講演もということで・・・。

前日、ホテルに到着された折にご挨拶に伺ったのですが・・・。
ビックリ仰天!

一緒に来られた副次長さんが「妹と同級生の朱美さん・・」とおっしゃり、
一瞬絶句・・・なんと幼なじみの由利ちゃんのお兄さんだったのです。

半世紀以上も刻は流れて・・・。
その夜の歓迎会にも、貫主のお隣に席がとってありました。

不思議なご縁がつながり2年前に宮崎日向市で初めてお会いして、
その年にも清水寺を、事務長さんにご案内いただき感激したのですが、
この度は、勿論、その副次長さんが案内してくださった。

感激でした!!

また、一度は拝見したいと思っていた成就院の襖絵、
風の画家 中島潔氏が描き奉納した「かぐや姫」「風の故郷」「大漁」
圧倒されました。

豊かな色彩、迫力、生命を紡ぐ深いまなざし、今だに余韻を引きずっています。
11月3日迄、10日間位の公開で、その後は宝物館に収納されるそうで、
本当にラッキーでした。

2017_11_4_3.jpg
成就院

2017_11_4_4.jpg
大屋根を改修

2017_11_4_5.jpg
清水寺本堂の鬼瓦

PHP研究所
編集長が米子に来られた時に、「松下幸之助資料館があり、
誰でも見学できますよ、予約が必要ですが・・」ということで、
これも、この度の目的の一つでした。

PHP京都本社は、京都駅裏八条口にあり、セキュリティ管理はしっかりしていて、
展示室フロアは6ブースに分かれていました。
すっきり分かりやすく白を基調に、

  平和(Peace)
  幸福(Happinness)
  繁栄(Prosperity)

第二次大戦直後の混乱をまのあたりにし、松下幸之助氏は、
「人間はもっと物心ともに豊かな繁栄のうちに、平和で幸福に生きることができるはずだ。
それにつながる道を何とかして求めてみたい」
と、(株)PHP研究所を創設されたということです。

2017_11_4_6.jpg

2017_11_7.jpg

スポンサーサイト

京都へ行ってきました

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

9日、10日、紅葉の見頃には少し早いけど、ご縁を頂いた宝鏡寺門跡、清水寺にご挨拶、
そして、瑠璃光院に・・・。

<瑠璃光院>
3年前、北鎌倉古民家ミュージアムの人形展に来て下さってから ご縁が繋がった池田さんとご一緒に・・・。
ご長男を亡くされてから仏門に入られ、光明寺の僧侶となられた。

この度、京都本院である八瀬大原の、瑠璃光院にご案内いただいた。
三条実美公ゆかりの格調高い数寄屋造りで期間限定で特別公開中です。

「八瀬のかま風呂」、由緒ある茶室などを、瑠璃光院の責任者 中村さんが御案内くださった。

書院二階から臨む瑠璃の庭、後一週間も経つと一面鮮やかな錦に彩られるという。
春には、樹齢百年を超える数百本のあせびが、白い花を咲かせるそうです。
至福のひとときを過ごし、山門を後にすると薄暗くなっていた。

2015_11_16_1.jpg

2015_11_16_2.jpg

2015_11_16_3.jpg


<清水寺>
“京都に来られたら寄って下さい”のお言葉に甘えて、連絡を取らせて頂き、10日AM9時に寺務所に伺った。

ご挨拶だけのつもりだったのに、日向市に貫主様と同行された西田事務長さんがご多忙の中、
一般的には知られてない場所にご案内くださった。

寺務所がある大講堂の一郭にある“多宝閣”は、4階建ての吹き抜けになっていて、
下を見下ろすと、黒大理石の大きな仏足石、四方の壁には仏像のレリーフが2700体埋め込んである。

壮厳な音楽が流れる中で散華をさせていただいた。
チラチラ、キラキラと仏足の上に舞い下りる様は、何か、心が洗われるようで貴重な体験をさせていただきました。

そして、成就院の庭園も観せていただいた。
江戸時代初期を代表する名庭で“月の成就院庭園”と賞されて、国の「名勝」に指定されているそうです。

北正面の高台寺山を借景にして庭中の池泉と石組は実に見事です。
これからは夜間のライトアップが始まり、この庭園も一般公開されるそうです。

ご多忙で、月の2/3はお留守ということでお目にかかれないと思っていた 
森清範貫主さまにも、お出掛け前にお会いできました。

2015_11_16_5.jpg
   (成就院の庭園)

2015_11_16_6.jpg
   ( 豊臣秀吉寄進の誰が袖手水鉢   )


<宝鏡寺>
何といっても8年前の“皇室ゆかりの人形を公開展示されるようになって、
50周年記念の人形公募展”が無かったら、今の私はありません。

その時の課題が「和みの心」でした。
人形「母ちゃん読んで」が大賞を頂き、私の人生の大きな転機となりました。

折に触れて、近況報告に伺っています。
不思議なご縁が繋がって創った「坐禅」人形を、円覚寺に奉納させて頂いたことも・・・。
ご門跡とお話しながら、 昨年、その円覚寺の始祖、無学祖元禅師に学び、得度を受けた尼僧、
無外如大尼の木像をご門跡からご紹介いただいた宝慈院で、胸が震える思いで拝観したことを思い出しました。

2015_11_16_7.jpg


日向~感動しました

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

大きなパワーをいただいた、感激の3日間でした。

この度は、思いもかけないご招待を受けて9月8日から日向市に行ってきました。

ご招待して下さったのは、NPO法人 絆の黄色いハンカチ
   --東北の復興支援活動を今も継続中--

伊丹空港から、ご同行した清水寺の森清範貫主が、漢字ひと筆揮毫をご披露の後に、講演、時折、笑いも織り交ぜながら、含蓄あるお話をされた。

用意された、舞台前中央の座席で拝聴しました。

日向市立小学校140周年となる6校に、色紙と本を贈呈、そして、会場の方にも抽選で、色紙と本を、それぞれ10名にプレゼント。

大いに盛り上がった後に、私が聴講を代表して花束贈呈させていただくということも準備されていた。

2015_9_14_2.jpg
ひと筆揮毫

2015_9_14_3.jpg
花束贈呈

その後の懇親会も、貫主の隣の席で、終始和やかで温かい雰囲気でした。

翌日は清水寺ご一行(3名)とは別行動で、神話の里 高千穂方面へ、スピリチュアルスポット、数か所の神社にお参りして〝気"をいただいた。

その夜もおもてなしを頂き、そして、最終日にお連れ頂いた〝大御神社〟大きなパワースポットでした。

龍神信仰の痕跡と思われる古代遺跡、5000年前に人工的に作られた岩窟の昇り竜と龍の卵が平成23年に境内から発見されたということで、
日本の歴史を変えるような発見もあったそうで、
遥か悠久の歴史に思いをはせつつ・・・・・大きなパワーを貰いました。

2015_9_14_5.jpg
龍神

2015_9_14_4.jpg
龍の卵


常設展示の準備やら、いろいろなことが重なり、てんやわんやの日々を過ごしていた中での日向行きでしたが、行かせていただいて良かった。

日向、大好きになりました。

細やかなお心配り、恐縮しました。

そもそも、このきっかけは山形県米沢市でした。
「昭和の家族~きずな」展のサイン会で、「絆」と印刷された黄色のTシャツにサインをして差し上げたことからです。
復興支援活動で東北に行かれた折に上杉鷹山公(宮崎高鍋藩から米沢上杉藩に養子入り)の墓参りを思いつかれ、米沢に・・・。

王貞治氏、萩本欽一氏の応援メッセージ、森貫主揮毫の「絆」と共に人形の写真がミゼットとみこしに掲載され支援活動に一役・・・

2015_9_14_1.jpg
ミゼット

これも本当に、不思議なご縁です。

この度、日向で森貫主が揮毫された字も「縁」でした。

sachi.jpg
冊子

en.jpg
色紙