fc2ブログ

人形作家 安部朱美 Blog ~ 風のささやき

人形作家 安部朱美のオフィシャルブログです。人形のこと、企画展のこと、そしてささやかな日々の出来事を気まぐれに綴っています。

Message

人形創りはいつの頃からか、自分の内面を探る作業ではないかと思うようになりました。 語り過ぎず、創り過ぎず、余白を作っておきたい。 観て下さる方、それぞれの想いを重ねてもらって人形が完成すると思うから。
           安部朱美

感謝!! 感想ノート(新潟三越展)から

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

人形一つ一つから 笑い声やざわめきが聞こえてきます。
心があたたかくなる人形たち つい、ほほえみが出てしまいました。
ありがとうございました。

全ての人々の表情が、とてもやわらかくて、優しい表情であたたかみを感じました。
みんなが笑ってる様子を見ておもわず 私も笑顔になりました。(11歳)

平成生まれですが、昭和の頃の生活は こんな風なのかなと想像しながら見ました。
人形一人一人が生き生きして、とても温かく 優しい表情をしていて、いやされました。
絆や思いやりの心が大事なんだと感じました。

子供の頃に戻った様に感じ。
その頃の時代の良さを強く思い、現在の歴史の動きに不安を感じ、よりよい時代を次世代の人々につなげ守っていくために 頑張るべきだと思います。
一人は万人のために、ありがとう!

とても気分がほっこりしました。
便利になった中で 私たちが失ったものは、たくさんあるんだと、感じさせられました。
24の瞳のコーナーは涙が出てきました。
これからも作品づくり、がんばって下さい。

殴り合いのケンカなど したことのない平成生まれです。
うらやましくて涙がでました。

1951年生まれ
まさにこの時代に生まれておりました、すべて、この通りの生活でした。
農家であったゆえ、本当に昔を思い出し 心ゆたかになりました。
こんな豊かな経験がなかなか出来ない今の子どもたちは、かわいそうだ。

どうしても来たかった 作品展でした。
平成生まれの小学6年生の孫娘を誘い、自分が過ごした昭和の子どもの頃…
あの頃がよみ返り、いっしょうけんめい孫娘に説明している自分がいました。
先生の作品に感動と懐かしさ、今日本人が忘れかけているものが見えてきました。
ありがとうございました。

素敵な表情の人形たちでした。
なぜかジーンときてしまいました。
今より不便な時代ではあったけど、そこには、今にないあたたかなものが流れていたなと思い懐かしくなりました。
人形作り続けてください。未来が明るくありますようにと祈っています。


スポンサーサイト



円覚寺管長さま、副住職さまにお会いして

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

新潟三越店、6日間でしたが多くの方が来て下さり、後半は1日1200名を超すご来場者数だったそうです。夏休みで、子供連れの若い方も多く、本当に有難うございました。感謝です!!

初日、会場でお会いした方たちのお声、そして感想ノートに書いてくださったメッセージ、何処の会場でもそうですが、私こそ、感動で大きな励みをいただきました。

2014_8_22_1.jpg

2014_8_22_2.jpg

新潟からの帰り、予定通り14日、北鎌倉へ、本当に感激しました。
帰ったら直ぐにこの感動をブログにと思いながら、孫たちが集合していて、恒例の、夏休み総仕上げの絵、工作等はおばあちゃん担当なもので・・・

不思議なご縁に導かれるように「坐禅する人」を創ることになり、円覚寺派管長の横田南嶺老師さまにお目にかかることになりました。

午前10時の約束で、15分前に少し緊張しながら待っていると、わざわざ、お迎えに来て下さった。気さくな中にも、含蓄あるお言葉でお話しされ、感銘を受けました。
その後で、これからの作品に少しでも役に立てばと、台所のかまどやら、つるべで汲まなくても年中裏山から湧き出る井戸なども見せていただき、国宝の屋根のこう配や軒のそりが美しい舎利殿を、ご案内下さった。

僧堂では今も雲水さんと共に、毎日、坐禅をされ、托鉢、作務もご一緒に行われ、まさに「精一杯生きる」を身を以て実践なさっているのだそうです。

ご著書「祈りの延命十句観音経」等を頂戴して帰る時、お見送り下さった雲水さん、何回、振り返っても深く頭を下げられたままでした。

そして、黄梅院副住職の内田一道さまには、12時半から在家の方に開放されてる禅道場「居士林」でお話を伺いました。
丁寧に教えて下さり、私も10分間だったけど坐禅をさせていただいた。
坐禅という形だけではなく、立ち居振る舞い全てが集約されるという。
単純に人形として表現できるものではないと禅の教えの深さ、そして改めて自分の甘さに気がついた。

こちらでも、管長さまのビデオ、法話集「いろはにほへと」等を頂戴して帰る時、何回、振り向いても内田副住職さまは、深くお辞儀をしたままお見送り下さいました。

この感動を、これから心して形にしなければ…。

そして、この日、もう一つの感動、古民家ミュージアムでの「尾形乾女」さんの話は、次回にして…。

2014_8_22_3.jpg

2014_8_22_4.jpg

2014_8_22_5.jpg

2014_8_22_6.jpg