FC2ブログ

人形作家 安部朱美 Blog ~ 風のささやき

人形作家 安部朱美のオフィシャルブログです。人形のこと、企画展のこと、そしてささやかな日々の出来事を気まぐれに綴っています。

Message

人形創りはいつの頃からか、自分の内面を探る作業ではないかと思うようになりました。 語り過ぎず、創り過ぎず、余白を作っておきたい。 観て下さる方、それぞれの想いを重ねてもらって人形が完成すると思うから。
          ―― 安部朱美

宝鏡寺門跡に展示

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

今年も京都に行ってきました。

10月30日、31日、目的は宝鏡寺、清水寺、PHP研究所。

宝鏡寺門跡
2007年、皇室ゆかりの人形展50周年記念公募展で「母ちゃん読んで」が
大賞となったことが、大きな人生のターニングポイントとなりました。

あれから10年・・・。

今年が60周年という訳で、御所からの人形等と一緒に私の人形も展示という
ことになり、「母ちゃん読んで」「新しい家族誕生」「きざし」が
< 秋の人形展60周年 > 11月1日~30日まで、展示中です。
2017_11_4_1.jpg

2017_11_4_2.jpg

清水寺
10月に 森貫主が私の故郷 南部町にいらっしゃいました。
南部町の小中校生や町民から、町の未来を感じる漢字を募集して、
二文字を揮毫して頂き、講演もということで・・・。

前日、ホテルに到着された折にご挨拶に伺ったのですが・・・。
ビックリ仰天!

一緒に来られた副次長さんが「妹と同級生の朱美さん・・」とおっしゃり、
一瞬絶句・・・なんと幼なじみの由利ちゃんのお兄さんだったのです。

半世紀以上も刻は流れて・・・。
その夜の歓迎会にも、貫主のお隣に席がとってありました。

不思議なご縁がつながり2年前に宮崎日向市で初めてお会いして、
その年にも清水寺を、事務長さんにご案内いただき感激したのですが、
この度は、勿論、その副次長さんが案内してくださった。

感激でした!!

また、一度は拝見したいと思っていた成就院の襖絵、
風の画家 中島潔氏が描き奉納した「かぐや姫」「風の故郷」「大漁」
圧倒されました。

豊かな色彩、迫力、生命を紡ぐ深いまなざし、今だに余韻を引きずっています。
11月3日迄、10日間位の公開で、その後は宝物館に収納されるそうで、
本当にラッキーでした。

2017_11_4_3.jpg
成就院

2017_11_4_4.jpg
大屋根を改修

2017_11_4_5.jpg
清水寺本堂の鬼瓦

PHP研究所
編集長が米子に来られた時に、「松下幸之助資料館があり、
誰でも見学できますよ、予約が必要ですが・・」ということで、
これも、この度の目的の一つでした。

PHP京都本社は、京都駅裏八条口にあり、セキュリティ管理はしっかりしていて、
展示室フロアは6ブースに分かれていました。
すっきり分かりやすく白を基調に、

  平和(Peace)
  幸福(Happinness)
  繁栄(Prosperity)

第二次大戦直後の混乱をまのあたりにし、松下幸之助氏は、
「人間はもっと物心ともに豊かな繁栄のうちに、平和で幸福に生きることができるはずだ。
それにつながる道を何とかして求めてみたい」
と、(株)PHP研究所を創設されたということです。

2017_11_4_6.jpg

2017_11_7.jpg

スポンサーサイト

このご縁 心が震えるようです

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

京都に行ってきました。
紅葉は少しだけ色づき始めた5日、6日人形寺として有名な宝鏡寺のご門跡に、近況報告のご挨拶に伺うことが目的でした。

私の大きな転機となった2007年の宝鏡寺門跡人形公募展、代々天皇の皇女が住職を務められ、皇族ゆかりの人形を一般公開されるようになって50周年という1回きりの記念公募展で約1000点の中から大賞をいただいたことがきっかけでした。

その公募展の課題は「和みの心」

始めて、昭和を意識した作品「母ちゃん読んで」そして、これを最後に人形創りを止めようと思っていた筈が・・・

2014_11_11_1.jpg


「来年秋から北鎌倉で常設展示が始まることになりました。」
すると、
「鎌倉には、去年円覚寺さんに行って管長さんにお会いしてきましたよ」とご門跡
「あら!私も今夏に横田管長にはお目にかかりました。」と。

不思議なご縁に導かれるように坐禅の人形を創ることになった訳を話したら、尼門跡寺院のことが記載された分厚い本をお持ちになり、お話を伺って驚いた!

なんと、宝鏡寺と円覚寺は鎌倉時代に遡っての縁があったのです。

円覚寺は鎌倉幕府執権・北条時宗が創建し中国・宋から招いた無学祖元が開山した。

その無学祖元の元で出家した無外如大尼(臨済宗で最初の尼僧)が開山した景愛寺(中世京洛に栄えた尼五山の等頭)の法燈を今に伝える高い格式を持つお寺が宝鏡寺ということです。

また、ここで不思議なご縁が繋がりました。
何ということでしょう、心が震えるようです…。

そして、宝慈院門跡に無外如大像が安置されているとお聞きしたので行ってみました。

無理をお願いして拝ませていただいたのですが、御本尊・阿弥陀如来像(重文)の両脇壇に如大像と無学祖元像(ともに重文)が祀られていました。

急な思いつきだったけど、この度、京都に来て良かった。
深い感動と余韻が残る1日でした。

2014_11_11_2.jpg

2014_11_11_3.jpg

※写真説明 皇女・和宮が幼女時代に遊ばれた鶴亀の庭の前で、ご門跡さまと。