人形作家 安部朱美 Blog ~ 風のささやき

人形作家 安部朱美のオフィシャルブログです。人形のこと、企画展のこと、そしてささやかな日々の出来事を気まぐれに綴っています。

Message

人形創りはいつの頃からか、自分の内面を探る作業ではないかと思うようになりました。 語り過ぎず、創り過ぎず、余白を作っておきたい。 観て下さる方、それぞれの想いを重ねてもらって人形が完成すると思うから。
          ―― 安部朱美

美保神社"青柴垣神事”(松江市)

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

今、人形展「温もり」をさせて頂いている美保関の最も重要な
御祭りの一つ"青柴垣神事”を人形で創ってもらえないかとのご依頼があり、
4月7日の当日行ってきました。

美保神社は、えびす様(事代主神)の総本宮で、
"青柴垣神事”とは、父である大国主神から国譲りの相談を受けた事代主神が
争いを避け、譲ることを進言した後、海に身を隠したという様を儀礼化し、
お力を一年に一度新たにする祭なんだそうです。

それにしても、小雨は降るし、寒くて寒くて大変でした。
14時から行列が参道を通り、御船に乗られるということで多くの人と
参道脇で今かいまかと待っていましたが、一向に姿が見えません。

二日ほど前までは23度位あったのに、この日は何と7~8度に激変、
少し日が差しかけたと思うや又雨が降る・・・
結局、通られたのは3時半頃に、そして、沖に出た御船が灘に着き、今度は社殿にお帰りの行列を、
ご依頼があった人形で形にするということらしいのですが、
兎にかく天候が悪く、衣装、仕ぐさ等を目を凝らして見ていたつもりだったけど、
正直言ってあまりよく分かりませんでした。

この役に当たった方たちは、一年間一日も欠かさず厳しい禊をされ、
その他、多くのしきたりを守り日々修業をしながら神事奉仕のための準備をするのだそうです。

寒いのに待てど暮らせど参道を降りてこられない、どうして?と思った私はバチ当たり・・・。

その間、朝の7時から、いや1週間も前から一連の儀式が執り行われていたと知り、
人に見せるお祭りではなく、この土地に連綿と続いてきた神事なのだと
改めて身が引き締まる想いでした。

だからこその大きなパワースポットなんだという、この美保関の土地柄、
ここで人形展をさせて頂いたというご縁に、心から感謝!

2018_4_11_1.jpg

2018_4_11_2.jpg

2018_4_11_3.jpg

2018_4_11_4.jpg

2018_4_11_5.jpg


今は、大山開山1300年祭の「御幸行列」に取り組み、精一杯ですが、
古事記とか青柴垣神事に関する学びもやっていこうと思っています。

スポンサーサイト

美保館「温もり」展始まる

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

美保関町 美保館で人形展「温もり」が始まりました。
思っていた以上におもしろい展示となりました。

国登録有形文化財の美保館本館
銘木を複雑に組んだ重厚な数寄屋造りで当時の指物師や大工達の
高度な技術や遊び心を垣間見ることができる建物です。

昭和4年、それまで中庭だった空間をガラス天井のアトリウムロビー
に改築されたそうで、陽が差すとパッと明るくなります。

2018_2_20_1_2.jpg

屋根の上には「唄声は浜辺に響いて」、一階は家族、二階は子どもたちが
遊んでいる、回廊になっている二階からのぞくと一望できます。

2018_2_20_2.jpg

2018_2_20_3.jpg

2018_2_20_4.jpg

2018_2_20_5.jpg

青石畳通りから入った玄関にも「たき火」「おもちつき」「いろり端」など・・・。

2018_2_20_6.jpg

展示に4日間かかりました。
始めて美保館を見せて頂いた時には、素敵な空間だけど、ここにどれだけ展示
できるんだろうと随分悩みましたが、結局、51テーマも並べてしまいました。

嬉しいことに、加納美術館の神館長が助けてくださり、照明や適切なアドバイス
をして頂いたお陰で、思っていた以上のいい仕上がりとなりました。

神館長に心から感謝です。

美保館だからこそできた展示、是非、多くの方に観ていただきたい。
3月4日(日)、講演の予定です。

“やっとできました”

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

早くも2月に入り、大寒波で外は真っ白、大雪警報も出ています。
本来なら、明日は境港ロータリークラブで講演する
筈だったけど中止となり、少しホッとしています。

ブログ、ご無沙汰していました。
ずっと、あの家族のおじいさん、おばあさんに
取り組んでいて、やっとできました。

2018_2_6_1.jpg

1月中には完成させるつもりだったけど・・・
会長さんからは「慈愛を感じる人形を」とのことだったけど、
果たしてどうなんだろう・・・
送るのは、もう少し先になるので、暫く眺め、微調整していきます。

2018_2_6_2.jpg

母親のお腹にはもうすぐ誕生するあかちゃんが。
それぞれの想いで楽しみに待ち望んでいる8人家族です。
私独自の和紙仕上げで、髪の毛も一本ずつこよりにして付けました。

2018_2_6_3.jpg

2018_2_6_4.jpg

2018_2_6_5.jpg
 
さて、今年は「大山開山1300年祭」の年、
今度はそれに向けての「神輿行列」に取り掛かります。

そして、国登録文化財「美保館」で『温もり』展があり、
13日から搬入、展示が始まります。

薔薇ばら展

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

1月10日(水)~16日(火)
米子高島屋 4階 美術サロンで「薔薇ばら展」が始まりました。

2018_1_11_0.jpg

山陰を愛し“ばら”に魅せられた、それぞれ(バラバラ)の分野の地元作家
13人が薔薇をモチーフに、2年に1回の作品展で、第10回目となります。

お亡くなりになった翌年にオマージュとして製作させていただいた、
名誉顧問 故 秋山庄太郎氏像も、
氏が撮影されたバラの花の写真の下に、毎回展示しています。

2018_1_11_1
 
私は、人形に薔薇を加えることで醸し出す情感をどう表現するかということで・・・。
3点を出展しています。


〇浦安のホテル「舞浜ユーラシア」からのご依頼を受けて製作中の人形も「家族」と
 題して、一部分ですが出しています。
 地元で観ていただく機会は、もう無いので・・・。

2018_1_11_2_2.jpg


〇昨年10月、パリに出展した「明日への風~まなざし」

紛争、憎しみの連鎖、排他的、不寛容地球規模で、
先行き不透明なこの時代、
平和な、輝く未来でありますように、
先を見つめる子供たちのまなざしに
想いを込めて作った作品です。 

2018_1_11_3_3.jpg

 
〇「大きいな!」

2018_1_18_4.jpg

ホテル「舞浜ユーラシア」

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

浦安にあるディズニーランド近くのリゾートホテル「舞浜ユーラシア」に行ってきました。

人形のご依頼を受けて、現在、製作中なんだけど作品設置予定のロビーが
今月初旬リニューアルされたので、その雰囲気を感じて作品に・・・とご招待いただいた。

温泉スパ棟の入り口付近にスペースが取ってあり、今8人家族を製作中ですが、
改めて気を引き締めて、ご覧いただく方たちの心に届くような人形を創りたい・・・と。

展望のよい10階に部屋が取ってあり、ディズニーランドが一望でき、
丁度いいタイミングできれいな夕日が沈む瞬間を見たり、こんな近くまで来て
ディズニーランドには行かなかったけど、大きな音が響き打ち上げられた
花火をバルコニーから見ることができラッキー!感謝です。
 
20171217_1.jpg

20171217_2.jpg

20171217_3.jpg

翌日、九段にある昭和館にも立ち寄りました。

8月に「青空教室」が設置されてからは、まだ行っていませんでしたので。
あんなにギリギリまでかかって創り、後からああすれば良かった、
もっとこうすれば良かったという思いが募っていました。

連絡はしていたのですが、総務部長さんはじめ、事務局長さん、
館長さんも待っていて下さり恐縮、
「大変、評判がいいですよ」と言われ、ホッと安堵!

その日も小中学生がいっぱいで15校の予約があるとか、特に11月から2月は課外授業で
来館する学校が多く、先日は1日に22校で約1800人の入館者だったとか・・・。

写真や展示物がある中で、人形を見て当時の様子が伝わりやすいと喜んでいただいた。

今後の取組として、“語りべ”を募集されたら約100名の応募があり、
20代の若い人から高齢者まで幅広い応募があったそうです。

20171217_4.jpg

20171217_5.jpg