FC2ブログ

人形作家 安部朱美 Blog ~ 風のささやき

人形作家 安部朱美のオフィシャルブログです。人形のこと、企画展のこと、そしてささやかな日々の出来事を気まぐれに綴っています。

Message

人形創りはいつの頃からか、自分の内面を探る作業ではないかと思うようになりました。 語り過ぎず、創り過ぎず、余白を作っておきたい。 観て下さる方、それぞれの想いを重ねてもらって人形が完成すると思うから。
          ―― 安部朱美

「坐禅」から、またご縁が繋がった

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

「坐禅」人形が、また、ご縁を結んでくれました。

今、安来市加納美術館で「安部朱美ふたたび~明日へのまなざし」を開催中ですが、
これをご覧になった 山形県酒田市の寺院、ご住職からご丁寧なお便りを頂戴しました。
境港市内のお寺さんに、お盆法話に来られた時、
たまたま、新聞に掲載されていた人形展のことをご覧になり
(それも「坐禅」の写真が載っていた)境港のお寺さんと、ご一緒に加納美術館に
いらっしゃったということでした。

2019819_1.jpg

「鑑真和上」像、制作依頼の件でした。

唐招提寺の鑑真和上像の資料や、鑑真和上が作り方を伝えたというお袈裟(糞掃衣)を、
地元のおばちゃんにも手伝って頂き、5年かけて完成されたという写真も同封してありました。
鑑真和上座像もすっかり色褪せていて分からないけど、そのお袈裟を纏っていらっしゃるそうだ。

2019819_1 (2)

エッ、私が鑑真和上像を?・・・とんでもない。
そんな、おこがましいことは・・・。
何回もお手紙や写真を見ているうちに、とにかく電話してみようと思い立った。

気が付くと、40分以上話していた。
そして、話しながら作業机の斜め前に貼ってある写真に釘付けになった。
何と、鑑真和上の写真でした。

2019819_1 (3)

そうとも思わず、何気なく数枚の仏像の写真を重ねた一番上に 鑑真和上・・・。
自分がやったことなのに、それまで意識していなかった。
酒田市のご住職に、このことは話さなかったけど、これはやっぱりご縁かも・・・。

そして、「来年になってから 取りかかってみます。」と、返事をしていました。

スポンサーサイト



円覚寺と加納美術館が繋がった

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

円覚寺と加納美術館が繋がった、鎌倉の円覚寺から「坐禅」人形8体を
安来市加納美術館の特別展にお借りすることになりました。
まるで導かれるように絶妙なタイミングでいろいろな歯車(縁)が
かみ合って制作、円覚寺に奉納することになった「坐禅」です。

2019711_2.jpg

管長、横田南嶺老師が、戦後、妻子4人を殺されているのに日本戦犯釈放を
決断したフィリピンのキリノ元大統領と、その決断に関与し世界平和希求運動
をした加納莞蕾に深く関心を示してくださり、実現しました。

私にとって不思議なご縁で繋がった円覚寺、そして、加納美術館もそうです。
その円覚寺と加納美術館が繋がった!

また、清水寺(京都)から「8月4日に円覚寺の管長が、清水寺で法話されますよ、
横田館長とは親しくされているんでしょ」と電話をいただいた。
それは是非とも行かなくちゃ、とカレンダーを見たら残念、
加納美術館でギャラリートークの日でした。せっかく、お電話まで頂いたのに・・・。

今まで、いろいろと不思議なご縁と思っていたことが、
なにか、大きな円(縁)に繋がってきそうな予感・・・!?

常設展示の模様替え、そして円覚寺

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

2月1日、北鎌倉に行き、常設展示の模様替えをしました。

次の企画展「おひなさまとつるし飾り展」に合わせて「流しびな」や、新作の「おもちつき」も含め、全体を展示替えしました。

「流しびな」は、鳥取の用瀬に今も残る風習で、菜の花や梨の花が咲く旧暦3月3日に、
やわらかな日差しに包まれながら少女たちが桟だわらに載せた紙びなを川に流す様子を、
昭和当時は、こうだったのだろうと想いながら創った人形です。

2016_2_6_1.jpg

奥の企画展示の「おひなさまとつるし飾り展」も、まだ展示始めだったので少ししか見てないのですが、
江戸時代の五月人形も含め、なかなか見応えがある展示となりそうです。

北鎌倉全体がこの期間中、つるし飾りで彩られるそうです。
是非、ご覧いただければ・・・。

2016_2_6_2.jpg

2016_2_6_3.jpg

翌2日、円覚寺に参詣しました。
「坐禅」人形を、昨年9月に奉納して以来です。

管長様はお留守だったけど、黄梅院副住職さまと財務部長さまが、ご丁寧にご案内くださった。

大方丈に入ったところに、立派なガラスケースと台を作っていただき、公開展示されていて多くの人が観てくださってるということでした。

2016_2_6_4.jpg

丁度、金澤翔子さんの書展も大方丈であり、それも目的の一つでした。
日差しもあり、小鳥さえずる澄みきった境内には、学生集団や観光客も多く見受けられました。

塔頭の一つ「如意庵」にもご案内いただき、お茶をごちそうになった。

以前は大方丈や如意庵等には、一般人は立入れなかったけど、
今の南嶺管長のご意向で開かれたのだそうだす。

2016_2_6_5.jpg

2016_2_6_7.jpg

禅について無知で関心も無かった者が、導かれるように不思議なご縁が繋がって坐禅人形を創ることになり、円覚寺にご縁を頂き、奉納した。
そして、常設展示をさせていただいてる古民家ミュージアムは、その麓に位置しています。

「昭和の家族~きずな」の人形で、私が表現したいと苦労しているのは、人に対する思いやりの心、愛、和みの心・・・。

副住職さまのお話の中で、それを人形に感じて下さり、
禅の心・・・慈愛と結びつけて見ていただいたことに、感謝申し上げます。

円覚寺ブログ拝見しました

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

拝見しました! 
9月18日 円覚寺ブログ「居士林だより」に、「坐禅人形を奉納していただきました」と、
たくさんの写真も載せてありました。

ガラスケースなどの一般公開の準備が整い次第大方丈などで展示する予定と・・・恐縮です。

もう少し、こじんまりと作れば ガラスケースに納まりやすかったのに・・・。

制作中は 奉納しようとは微塵も考えてもいませんでした。
でも、あまりにも不思議なご縁が繋がったから・・・。

2015_10_1_1.jpg

2015_10_1_2.jpg

今も、あくせく人形に取り組んでいます。
「家族でおもちつき」10月17日に間に合うように、母校・米子西高の創立110周年記念式典の講演依頼を受け、会場のコンベンションセンターに、人形を展示することになり、
「新しく作る おもちつきに しますね」などと 言ってしまったから・・・。
それも2ケ月も前からのことで・・・。

お礼状やら、ご案内やら、お便りも出さなきゃあいけない方も、たくさん いらっしゃるんだけど、
目途がつくまで、失礼します。

3時前には 幼稚園バスで帰ってくる、孫2人のお迎えに出なくては・・・。

常設展始まりました

Posted by 安部朱美 on   1 comments   0 trackback

9月19日から、北鎌倉古民家ミュージアムで、常設展示が始まりました。

入口の2階を改造した、こじんまりとした空間だけど・・・
いい雰囲気で、思っていたよりは多く収まりました。
長谷川館長に感謝です。
 2015_9_23_1.jpg

2015_9_23_2.jpg

2015_9_23_3.jpg

それに先立ち、18日、円覚寺に「坐禅」を奉納させて頂きました。
多くの不思議なご縁が繋がって、円覚寺管長様にご縁をいただき、創った「坐禅」・・・。

そもそも 禅について、無知で無関心だった私が・・・。
人生の転機となった 京都 宝鏡寺は、鎌倉時代に遡って円覚寺とご縁があったということも後で分り・・・。

皇族ゆかりの人形を公開展示、50周年記念としての人形公募展がなかったら、今の私はなかったのです。

サムシング・グレートの導きとしか考えれないような縁、円覚寺さんも喜んでくださり、近いうちに公開されるということです。

そして、初日に 管長 南嶺老師が会場にお越しくださり、
「近くにこんな場所があるとは知らなかった。」とおっしゃりながら観て廻られた。

2015_9_23_4.jpg

この度の企画展示「絣展」(9月19日~10月25日)もなかなかの見応えがあります。
そこにも絣に合った人形を展示中です。

2015_9_23_5.jpg


『尾形乾女さん』
ギリギリまで、小物を作ったりと・・・やっと間に合いました。

作品が落ち着いた場所は、一階売店の奥、このミュージアム(旧古陶美術館)が建つ前に、この場所に離れがあり、奈美さん(乾女)はちょうどこの場所で寝起きされていたと、長谷川館長も後で気が付かれた。

これまた、何と不思議なご縁・・・。
奈美さんの父上は陶芸家 尾形乾山六世 で、奈美さんは乾山名跡、最後の一人です。

2015_9_23_6.jpg