FC2ブログ

人形作家 安部朱美 Blog ~ 風のささやき

人形作家 安部朱美のオフィシャルブログです。人形のこと、企画展のこと、そしてささやかな日々の出来事を気まぐれに綴っています。

Message

人形創りはいつの頃からか、自分の内面を探る作業ではないかと思うようになりました。 語り過ぎず、創り過ぎず、余白を作っておきたい。 観て下さる方、それぞれの想いを重ねてもらって人形が完成すると思うから。
          ―― 安部朱美

昭和館からご来宅

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

2017年に依頼を受け制作した「青空教室」20体が常設展示されている
厚労省所管の昭和館から連絡があり、「来年『昭和館巡回特別企画展』
を鳥取ですることになりました。」

昭和館は、戦中・戦後の庶民生活の労苦を後世代に伝えることによって、
平和の尊さを訴えるという使命を担って開館し、今年が20周年になるそうです。

20190623_1.jpg
(クリアファイル・青空教室 )

これまで、36県で巡回特別企画展をされ、いよいよ 令和2年10月に
鳥取博物館開催が決まったということで、先日、その打ち合わせに事務局長と
学芸部長のお二人が来県され、米子の我が家にもお二人がいらっしゃいました。

開催県での戦中・戦後の資料探しも目的の一つだそうで、図書館、美術館にも・・・
鳥取県の何か、人形で創った作品があれば会場に展示してもらえないかと・・・
「大山御幸行幸」「流しびな」と「地蔵祭」 など

7月20日から始まる「安来市加納美術館特別展
<安部朱美ふたたび~明日へのまなざし~ > 」
に向けて、又、また、現在制作中です。
20190623_2.jpg
(特別展チラシ)

「三兄弟・ひょっとこ踊り」 昨年、たまたま見つけたJA広報誌の表紙に載っていた
写真を "かわいい!!” と友人に見せたら「あら!知ってるよ」と直ぐに連絡して
くれて、その翌日、三兄弟のお父さんにお会いすることになりました。
これも、又、ご縁です。

まさに、いろいろなご縁が繋がってきています・・・。

スポンサーサイト

アブダビに出展「慈しみ」

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

アラブ首長国連邦の首都アブダビで開催されるアート展に出す作品「慈しみ」を、
米子市美術館で開催中の「安部朱美創作人形展」に急きょ間に合わせて、
31日から最終日の6月2日までの3日間、特別展示するということになり、
ギャラリートークも6月1日、2日することになりました。

20190605_1.jpg

20190605_2.jpg

慈しみ
幼児を見守る
母のまなざし 姉のまなざし
家族の愛は 不変の絆
健やかに育て こどもたち


期間中、たくさんの方が来て下さり、
中には3回目とか4回目ですという方もいらしゃって、うれしい限りです。

20190605_3.jpg

例の「こたつでカルタ」持ち前ネタに付け加えて
「おばあちゃん、あったよ!」と、その5歳の孫が小箱を探してきました。
それは、残ったカルタを捨てずに入れていた小箱です。

じゃあ、1ケだけ、こたつの上に置いとくからねと、この度、持ってきました。
と言うと、皆さんが どれどれとのぞき込んで下さいます。
うなずいたり、まぶたをそっと拭いたりして下さる方がいて、つい、調子にのり過ぎて
最終日のギャラリートークは1時間以上になってしまいましたが、やっと終わりました。

長かったような、短かったような名残り惜しい気もします。
主催して頂いた新日本海新聞社、米子市美術館の皆さま、大変お世話になりました。

北原照久さんに12年ぶりに再会

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

5月18日 テレビ番組「開運なんでも鑑定団」に出演 世界的なおもちゃ
コレクターとしても知られる北原照久さんのギャラリートークがありました。
実は12年前の2007年にお会いしていたんですが、大変、失礼なことをして
ずっと気にかかっていたことがありました。

当時、「横浜人形の家」を北原さんの「トイズプランニング」が指定管理されていて、
私の人形展をさせて頂くことになっていたんですが、その後、全国巡回展の話が
あり昭和の人形を作ることになって、がむしゃらに作って行きゃなきゃ間に合わ
ないという焦りもあって、その時は、御断りの電話をかけただけで、
後でお詫びを送ろうと思いながら、結局、しなかったことが気になっていました。

12年振りに、この度の北原コレクションとのコラボとなったのも、何かの縁・・・。
北原さんは、あれだけご多忙でいらっしゃる方、私のことなど覚えていらっしゃらない
だろうけど・・・、私としては思い切ってお話してけじめをつけようと思っていました。
いざ、お会いして、

「この度、ご一緒に人形展をさせて頂くことになりました安部と申します。
12年前のことですので覚えていらっしゃらないと思いますが、」 と切り出すと、
直ぐに 「覚えてますよ!」 とニコニコしておっしゃったことで、一気に緊張が解けホットした。

その後、時間もなく「ご笑覧いただけたら嬉しいです」と作品集は渡せた。

ギャラリートークが始まり、約250人位のたくさんの人、人、・・・。
その後で人形展の方をゆっくり見て頂いた。

2019522_1.jpg

2019522_2.jpg

すっかり打ち解けて、いろいろお話しながら・・・。
「作り出して何年?、続けるということは素晴らしい力になるね。」
お帰りになる車をお見送りした後で気が付いた。
一番肝心なことを忘れていた。

ずっと気になっていたお詫びを言っていなかったことに・・・。
今度こそ手紙を書こう・・・。

2019522_3.jpg


それに先立ち、5月11日 私のギャラリートーク、展示室いっぱいに
なる位の多くの方が来て下さった。

2019522_4.jpg

2019522_5.jpg

2019522_6.jpg

『こたつでカルタ』
5才から12才の孫たちにカルタを書いてもらいました。
採用するかどうかわからないけどと言っていたんですが、5才の孫が先日見に来まして、
「○○の書いたカルタが無かったよ」と帰ってから言うので、しまった!と思いながら
「どっかにあってでしょ」と言うと、「よく見たけど絶対なかった」 

「自分が書いたのはよく覚えているんですね」と話すと
“クスッ、フフフ”と笑い声・・・。

受けた!! それからは これが持ちネタになりました。
ごめんね ○○ちゃん。

「創造者たち~平成からその先にある時代の芸術家」 発刊記念展覧会

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

5月1日~3日 金沢に行ってきました。
金沢21世紀美術館で 「創造者たち~平成からその先にある時代の芸術家」
発刊記念展覧会があり、「新しい家族誕生」を出展しました。
(5月1日~6日 「市民ギャラリー B」 )

20190513_1.jpg

20190513_2.jpg

金沢駅に着くとあいにくの霧雨模様、タクシーで美術館に行く途中「金沢人はこんな雨では
傘はさしませんよ、傘をさして歩いている人は他から来た人ですよ」と運転手さん。
金沢は雲が多くて、戦時中も爆撃されず古い町並みがそのまま残っているのだとか・・・。

20190513_3.jpg
( 金沢駅 )

あの名高い 21世紀美術館にということで楽しみにしていました。
2004年にオープンで全国から多くの人が訪れ、入館者数は国内トップクラス
だそうですが、10連休ということであまりにも人が多い・・・。

外見は特に変わった風には見えなかったけど、芝生の敷地中央にあり、
円形で総ガラス張り、街に開かれた公園のような美術館のコンセプト
同時代の美術を世界から収集、金沢の工芸やデザインに刺激を与え活性化し、
新しいものを生み出す土壌を育成するという美術館の方針なのだそうです。

20190513_4.jpg
( 金沢21世紀美術館 )

その後、レセプションパーティが「ANAクラウンプラザホテル金沢」であったので、
美術館全館を見ることができず、残念・・・。

20190513_5.jpg

後で知ったのですが、1日の入館者数は2万人だったそうです。

北原照久コレクション&安部朱美創作人形展

Posted by 安部朱美 on   0 comments   0 trackback

米子市美術館で「北原照久コレクション&安部朱美創作人形展」が始まりました。
4月27日、9時半からオープニングセレモニーがあり、
テープカット、あいさつ、たくさんのお客さま・・・・・・
その中に加納美術館の理事長ご夫妻のお姿が、
佳世子さんはいつもの着物姿がお似合いです。

北原照久氏は、ちょうど「お宝鑑定団」のテレビ収録で、これまで欠席なしということで
代理の高橋良児氏がギャラリートークをされ、北原さんは18日(土)にギャラリートーク、講演があります。

2019_5_2_1.jpg

そして、わたしのギャラリートークです。
まず、特別展示の大山1300年祭「御幸行幸」について、
制作したことで大きな二つのご縁を頂いたこと、失敗談など、弓浜絣の「女三代機の音」、
悲惨な戦争シーンは無いけど反戦物語の壷井栄原作の『24の瞳』5シーン、
新作の『秘密基地』『こたつでカルタ』など・・・・・

2019_5_2_2.jpg

「このカルタは5才~12才の孫たちが描いてくれました。採用するか分からないけどと言って・・・」

2019_5_2_3.jpg

2019_5_2_4.jpg

2019_5_2_5.jpg

2019_5_2_6.jpg
(平井知事、高橋室長とご一緒に)

あの昭和の時代
小さな子から大きな子、ガキ大将から泣き虫まで一緒に暗くなるまで遊んでいました。
遊びやルールは自分たちで決め、時にはけんかもしたり、すり傷もつくったり、
痛い思いや悔しさなどを乗り越えて我慢強さ、人を思いやる優しさ、生きる力を養っていたと思います。

IT化はどんどん進み、情報は溢れ、便利で豊かな生活の中で育っている現代の子どもたち、
大地震、台風、大雨・・想定外の自然災害や、これから起きるだろう困難な壁を乗り越える、
そんな生きる力を小さい時から育んでほしいと思います。

5月11日(土)午後2時からギャラリートークとなっています。

先ほど美術館からTELがあり、
5月5日(日)、12日(日)、26日(日)、
午前11時 ギャラリートーク、サイン会をすることになりました。
たくさんの方に観ていただき、ホッコリと心のふる里を感じて頂ければ幸いです。